>  > 整骨院・接骨院の事業計画書の書き方

整骨院・接骨院の事業計画書の書き方

整骨院・接骨院の事業計画書の書き方

整骨院・接骨院が事業計画書を書くのは、主に融資を受けることが目的です。金融機関側から信用を得るためにも、要点をおさえながら作成しましょう。今回は、整骨院・接骨院における事業計画書の重要性や、記述時のポイントについて解説します。

融資を受けるために!事業計画書の重要性

整骨院・接骨院の開業には多くの初期費用がかかります。また、当面のランニングコストも計算に入れておかなくてはなりません。これをまかなうには、自己資金を貯める、もしくは融資を受けるのが一般的です。

ただし、施術経験はあっても施術院の経営経験はない場合——つまり、実績ゼロの状況だったとしたら、銀行などからの融資は難しいかもしれません。

こうした際には、日本政策金融公庫への相談がおすすめです。創業用の融資制度が用意されているため、企業間もない方で実績がゼロであっても、融資を引き受けてくれやすい傾向にあります。

ただし、日本政策金融公庫の融資にも審査はあります。ここで重要視されるのが事業計画書です。事業の妥当性や将来性などが見られるのはもちろん、自身のビジネスを文書にする——言わばその作成能力を、日本政策金融公庫側は申請者の格付け要素にしています。こうした背景があるため整骨院・接骨院が開業時に融資を受けるためには事業計画書が重要なのです。

関連リンク

融資だけじゃない!事業計画書の本当の意義

事業計画書は融資の審査に用いられるケースが多いですが、本当の役割は別にあります。

事業内容や経営方針、事業展開戦略、財務計画など、事業計画書には、新規事業を進めるにあたり大切なことが具体的かつ簡潔にまとめられています。書類の作成は、起業者のビジネスプランや資金計画を明確化することにつながり、開業成功の大きな材料となるでしょう。また、見落としや事業計画の矛盾点の発見にもつながります。

上記こそが、事業計画書の本質的な意義です。ていねいに時間をかけ、納得のいく事業計画書が仕上がれば、それは事業を進めていくうえでの大切な財産になります。しっかりと掘り下げられた内容が記載されていれば、融資担当者が目にしたときにも、大きな信用を得られるでしょう。

事業計画書を書く際のポイント

事業計画書を書く上で留意しておきたいポイントを見ていきましょう。大切なのは、それぞれの項目に整合性があること。加えて、融資担当者の目線に立ったときに「知りたい」と思う内容を盛り込むことです。ある程度マーケティングの視点も必要になりますので、この機会に身につけておくのもおすすめです。

創業動機

どうしてその整骨院・接骨院を開業しようと考えたのかを記載する箇所です。ここでは、経営理念やビジョンが問われていると考えましょう。なお、創業動機は事業計画書の軸となる大切なポイントです。その他の内容と連動してくるため、ご自身の考えを振り返り、ブレのない内容を考えましょう。

関連リンク

経営者の略歴棟

ご自身の略歴を記載します。イメージとしては、履歴書ではなく職務経歴書を意識しましょう。どのような職歴等を経て創業動機に至ったのか? どのような経験・実績を持った上での開業なのか? こうした点が読み手に伝わるような略歴を目指しましょう。

取扱商品・サービス、セールスポイント

単に施術メニューを記載するだけでは説得力に欠けます。他の院と、どのように差別化しているかなどを意識して記載していきましょう。特殊な施術や、専門の機器を導入するような治療の場合は、その内容や施術費用なども含めてください。

取引先・取引関係等、販売先

整骨院・接骨院における取引先・販売先は、来院されるお客様です。ただし、「院周辺の一般個人」といった書き方ではターゲットが不明瞭です。どのような人にサービスを届けるのかが絞り込まれていると、院の特徴が伝わりやすくなります。

必要な資金・調達の方法

資金に関する項目で見られるのは、主に自己資金です。可能であれば、1/3〜1/4はご自身で捻出したいところ。そのうえで、2〜3カ月分の運転資金でまかなう計画が現実的です。なお、自己資金が“見せ金”と判断されると信用が下がりますので、不審なお金の動きがないよう注意してください。

事業の見通し

事業計画書を書く際にもっとも難しいのが「事業の見通し」の欄です。貸し手としては、ここで事業の収益性や返済能力を判断します。説得力のある根拠と、精度の高い数字を記載できるよう、ご自身の事業をしっかりと見つめ直しましょう。

融資の可否は「事業計画書&面談」で決まる!

事業計画書などの書類を用意し、融資申し込みを行うと約1週間で面談が行われます。ここでは借入金の用途や返済計画について、日本政策金融公庫側からの担当者から質問されます。

事業計画書がどれだけうまく書けていたとしても、この面談で悪印象を与えると審査が通らない可能性も十分に考えられます。遅刻をしたり、事業計画書と違うことを答えたりすると、「いい加減な人物だな」と思われてしまうかもしれません。

大切なのはありのままの状況を誠実に答え、熱意を持って対応をすることです。謙虚な姿勢と心からの「夢を叶えたい」という気持ちが担当者に伝われば、心証が悪くなることはありません。

まとめ

事業を続けていれば、開業時以外にも融資が必要になるタイミングが訪れるかもしれません。一度事業計画書を作成した経験があれば、追加融資の際にも必ずその力が生きるはずです。今回ご紹介したポイントを踏まえながら、ぜひ事業計画書づくりに挑戦してください。

関連記事

柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

経営にあたって大切な「内部留保金」とは?

経営にあたって大切な「内部留保金」とは?

レイアウトが院の居心地の良さを左右する!

レイアウトが院の居心地の良さを左右する!

整骨院の医療機器は中古・リース利用で安く仕入れよう

整骨院の医療機器は中古・リース利用で安く仕入れよう

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー