>  > レイアウトが院の居心地の良さを左右する!

レイアウトが院の居心地の良さを左右する!

レイアウトが院の居心地の良さを左右する!

患者さまから選ばれる整骨院・接骨院になるためには、メニューの開発だけでなく、居心地の良さや安全性にも配慮する必要があります。また、スタッフが働きやすい環境を整えることも、作業効率を上げるうえで重要です。そこで今回は、整骨院・接骨院の院内レイアウトについて考えていきます。

レイアウトを工夫することの効果

計画性を持って組み立てられたレイアウトは、患者さまにとってもスタッフにとっても大きなメリットをもたらします。以下は、レイアウトを工夫することで得られる代表的な効果です。

患者さまがリラックスして過ごせる空間づくり

優れた整骨院・接骨院は、訪れる患者さまにサービスだけでなく、居心地のよい空間を提供しているのが特徴です。整ったレイアウトは見た目にも安心感を与えますし、内装やインテリアにもこだわれば、リラックスしながら治療に専念していただけるでしょう。

なお、整理整頓や清掃も行いやすいので、院内を美しい状態に保ちやすいのも利点です。メンテナンスが行き届けば設備も長持ちしますし、何よりもスタッフの労力が軽減されます。

関連リンク

動線設計でスタッフも働きやすく

人がどのように動くかが計算されたレイアウトは作業効率を高めます。たとえば、受付では保険請求業務が行われるため、カルテやレセプトなどの書類を大量に扱うことになるでしょう。それらを保管する棚が近くにあるかないかだけでも、作業時間に大きな差が生まれます。

また、患者さまが来院してから施術室に入り、退店されるまでの動線も重要です。施術中にスタッフがどのように移動するかも合わせて考慮すると、より効率的なレイアウトに仕上がるでしょう。

配置を左右するポイント①コンセントの位置

整骨院・接骨院の開業時には、メニューに合わせてさまざまな医療機器を導入することになります。また、パソコンやプリンター、電話は必須アイテムですし、必要に応じてテレビやオーディオ、ウォーターサーバーなども用意する必要があるでしょう。また、室内清掃のために、掃除機用のコンセントも確保しておかなくてはなりません。このように、整骨院・接骨院には意外にも多くのコンセントが必要となります。

ここで注意したいのがコンセントの位置です。延長ケーブルを使えばどこにでも配線は可能ですが、電源ケーブルが張り巡らされている状態はあまり美しいとは言えません。また、患者さまの足がケーブルに引っかかるなどの危険性を考えると、モールを這わせる必要も出てきます。

そのため、各種機器の設置場所はコンセントの近くが理想的です。室内に設置されたコンセントの位置を考慮し、適切な配置を考えましょう。

関連リンク

内装工事の際にコンセントも一括で配置するのがおすすめ

コンセントを後から増やそうとすると電気工事が必要になるため、コストや時間がかかります。そのため、開業の時点で機器のレイアウトはある程度決めておき、それに合わせてコンセントの設置・増設工事も行っておくのがおすすめです。

なお、ポイントとしては必要最低限+αの数のコンセントを設置しておくことです。多めに設置がされていれば新しい機器を導入する際にも困りませんし、ちょっと電源が必要になるようなケースでも役立ちます。電気工事においては、コンセントの数によって費用が大きく変わるようなこともありません。将来を考えたうえで、事前の準備を心がけましょう。

配置を左右するポイント②院内の段差

たとえば居抜き物件をそのまま整骨院・接骨院として使用する場合には、段差の位置について気を遣う必要があります。

段差はレイアウトの幅を狭めます。高さが違うだけで、自由に使える面積が大幅に減るからです。とくにベッドなどの大きな物を設置する際には邪魔になり、デッドスペースができる要因にもなります。

また、患者さまにとっても段差は好ましいものではありません。整骨院・接骨院に訪れる方の多くは、腰痛をはじめとする体の痛みを抱えていらっしゃいます。こうした方にとって、段差の上り下りは負担に他なりません。つまずいてしまう危険性なども考えられます。患者さまの動線上には段差がない状態を心がけましょう。

関連リンク

内装工事の際にはバリアフリーがおすすめ

もしも開業時の内装工事の費用に余裕があるのであれば、はじめから室内全体をバリアフリー設計にしておくこともおすすめです。段差をなくすのはもちろん、車椅子などでも通りやすい通路を作ったり、手すりを設置しておいたりすれば、患者さまにとっても通いやすい施術院になります。

また、バリアフリーを意識すると、必然的に適切なレイアウトも把握できるようになるでしょう。こうした軸をひとつ考えておくことは、室内のレイアウトづくりに役立ちます。

まとめ

整骨院・接骨院において居心地の良さとは付加価値になり得ます。患者さまに「またここで施術を受けたい」と思っていただけることは、経営の安定にとっても非常に重要です。施術院のレイアウトを考える際は、今回ご紹介したポイントをぜひ参考にしてください。

関連記事

柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

整骨院・接骨院の事業計画書の書き方

整骨院・接骨院の事業計画書の書き方

経営にあたって大切な「内部留保金」とは?

経営にあたって大切な「内部留保金」とは?

予防のための施術には保険は適用されるの?

予防のための施術には保険は適用されるの?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー