>  > 顧客分析、データをとるだけでは意味がない?

顧客分析、データをとるだけでは意味がない?

顧客分析、データをとるだけでは意味がない?

整骨院を開業し、運営していく中で重要となってくるのが患者様の分析や管理です。今回は患者様の分析機能や管理が出来る柔整レセコンNOAHについてご紹介いたします!

 

なぜ顧客分析が必要なのか?

「顧客分析をしなくても整骨院を運営できるのではないか?」と思われる方も多いかと思います。実際、顧客分析をしなくても整骨院を運営することは可能ですし、成功している院も少なくはないでしょう。しかし、顧客分析は整骨院の運営を手助けしてくれる大事なアイテムなのです。このアイテムを上手に使うことで、顧客満足度の向上や離反防止のために効果的な施策を行えます!

 

分析機能の種類と活用方法 

一口に顧客分析と言っても、マップ分析、来院分析など様々な種類があり、

それぞれの分析機能をどう活用するかで、顧客分析の価値は大きく変わってきます。

では、NOAHにはどのような分析機能があり、どのような活用ができるのか確認してみましょう。

  

マップ分析

抽出条件を組み合わせ、該当者の絞り込みができる機能です。受診者の多いエリアは高い反響率が見込めるので、販促の告知を重点的に行ったり、受診者の少ないエリアは新規顧客獲得を狙ったアクションを行ったり、それぞれに合わせた戦略を立てることができます。  

 

来院分析

リピート率や離反率が分かります。

離反してしまった受診者をリスト化し「前回来院から○ヵ月経ちますがその後いかがでしょうか?症状が緩和されないなどございましたらお気軽にご来院くださいませ」などのご案内を出す等の、再来院に繋がるアクションを行うことが出来ます。(はがきに住所印刷も可能です。) 

 

金額分析

院に入ってくる合計金額が一目でわかる機能です。

年、月、日単位での分析や、保険・自費・労災・交通事故ごとの分析が出来ます。

また、自費メニューや商材の購入者を抽出することが可能なので、過去の購入履歴の傾向から新たなサービスの提案を行い、売上アップに役立てることができます。

 

 

CRMとの比較

CRMとは(Customer Relationship Management)の略語で、「顧客関係管理」や「顧客管理」と訳され、今は、様々なCRMシステムが発売されています。NOAHの最大の特徴は、レセコンにCRM機能が付いているので受診者のデータ入力は1回のみで良いということ。レセコンとCRMシステムが別のものと比較すると、手間が半分になります。導入費用の比較を見てみましょう

CRMシステム(例)

導入費用:約130万円 / 諸費用:月額約1万円

これにプラスしてレセコンの導入費用と月額利用料がかかるため、ひと月の経費が4~5万を超えることも・・・・・・


NOAH(レセコン・CRM)

導入費用:約80万円 / 保守費用:月額5,000円

NOAHは、コストを抑えることが可能です。

まとめ

顧客分析をうまく活用し、顧客満足度の向上や離反防止のために効果的な施策を行いましょう!

CRMが連動しているため手間がかからないレセコンNOAHの詳細はこちらから!

 

また弊社ではこれから開業される方への開業支援サービスも行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー