>  > 上手く集客ができない!よくある集客の間違いとは?

上手く集客ができない!よくある集客の間違いとは?

上手く集客ができない!よくある集客の間違いとは?

集客は、整骨院の黒字経営を維持するために重要な施策です。しかし、集客は口でいうほど簡単ではありません。「よかれと思ってやった集客方法が実は間違いだった」ということもあります。「間違った集客とは何か」「どのようにすれば効果のある集客ができるのか」について、その考え方をまとめました。なかなか集客が上手くいかないとお悩みの方は、ぜひご一読ください。

1.集客を紹介に頼ってしまっている

口コミや紹介による集客は、一見してとてもよさそうに思える方法です。地道に営業を続けていき、信頼してもらって新規客がリピーターとなります。さらに、新規客を呼び込むという流れは、確かにとてもよい流れともいえるでしょう。

しかし、集客を口コミや紹介「のみ」に頼ってしまってはいけません。なぜなら、それは集客をギャンブルにしているのと同じことだからです。口コミや紹介は、あくまでもお客様の善意という「運」の要素が強く、安定して獲得できるものではありません。運に頼っているのではギャンブルと同じです。

口コミで多くのお客様を紹介してくれたリピーターの方がいるからと安心するのも問題があります。そのリピーターが気まぐれで他の整骨院に心変わりしてしまうと、紹介してもらった他のお客様までその整骨院に鞍替えしてしまう危険性があるからです。

口コミや紹介で新規のお客様が来るということは、営業が上手くいっていることの証しであり、努力してきたご褒美のようなもの。口コミや紹介での新規客だけをあてにせず、ベースとなる集客施策を地道に積み重ねましょう。

基本の集客は、新聞の折り込み広告やインターネット上でのWebサイトやSNSを使ったオンライン広告をしっかり行うことです。継続的に新規客を呼び込める仕組みを構築しましょう。集客に使っているチラシやWebサイトなどは常に更新を続けていく手間が必要ですが、手をかけた分、継続的で安定した広告として役立ちます。

2.安さのアピールによって料金重視の集客になっている

周囲にはライバル店も少なくない環境では、価格競争が起こってしまい、ついつい安さをアピールして集客することもあるでしょう。しかし、価格競争の波にのまれた集客は危険です。安さをアピールして集まってくるお客様は、安さにこだわるあまり客単価も上がらず、少しでも元を取ろうとうるさくクレームをつけてくる場合も少なくありません。

客単価が安ければ、その分サービスの質も落とさざるを得ず、それもまたクレームのもとになってしまいます。お金にうるさいお客様は、往々にして支払う費用に見合わない過剰なサービスを要求し、スタッフや経営者が疲弊する結果になるかもしれません。「保険の範囲内で施術できる」ということも、過剰にアピールすると、自費での施術を拒否し、満足な施術につながらず不満を持つお客様を集めてしまいかねません。

モノやサービスには適切な価格があり、必要な場合は自費での施術も必要になります。あまりにも安いとサービスの質も悪いと受け取られる危険性もあるでしょう。お客様の中には、サービスの質を求め、品質の高さにお金を出したいと思っている人もいます。安さの過剰なアピールは、適切なサービスに適切な金額を支払う上客を逃すことにもつながる可能性さえあるのです。

価格競争の波に乗ると、一時的にはお客様が集まります。よほど上手くやらなければ黒字経営を維持することが難しくなりますので、安さのアピールはよく考えて慎重にしましょう。逆に、サービスの質やライバルにない自院の魅力をアピールし、「だからこそこの価格なのだ」と分かってもらうような宣伝の仕方を考えることが重要です。

他にない自院の魅力がないという場合は、何かメニューを新しく追加する方向で考えてみてださい。従来のメニューはそのままにして新たに魅力的なメニューを追加することで、客単価をアップすることもできます。

3.効率の悪い集客を続けている

払っている広告宣伝費に見合った集客ができているかどうかという観点も、注意したいポイントです。例えば、多額の費用が必要な駅の広告看板は、かなり高い費用が必要になります。確かに「あの看板の整骨院か」というイメージアップにはつながりますが、アピール効果はその駅を利用する人のみです。支払うお金ほどは集客効果が見込めません。

個人で開業する地元密着型の整骨院なら、紙のチラシ配布やWebサイト、SNSを使った広告宣伝の方が、費用対効果が高くおすすめです。チラシは、新聞の折り込みにするかポスティングにするなど、複数の配布方法がありますので、それぞれを試してみて反応のよさそうな方法を見つけましょう。

Webサイトは、業者に頼んでしっかり作り込んでもらい、日々更新するブログや予約を受け付けられるようにSNSを活用するなど、こちらもさまざまな方法があります。ブログやSNSを毎日更新して、公式サイトに人が流れるようにして宣伝していく方法が基本です。

さらに、公式サイトへの流入を増やすために、Web上で広告を出したり有名なネット予約サイトに登録してそこからネット予約できるようにしたりといった施策もあります。オンラインでの宣伝はいろいろな手段があるので、できるところから試してみるといいでしょう。

4.まとめ

整骨院の集客が上手くいかない場合の間違いポイント、集客を成功させるための考え方について解説しました。お金をかければ簡単に集客できるものではなく、集客できても客層に問題があると、安定した経営につながりません。正しい集客方法を理解して実践し、整骨院の安定経営を目指しましょう。

関連記事

整骨院のSNS集客・・・実際どうなの?

整骨院のSNS集客・・・実際どうなの?

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

集客のためにブログを始める!集客のためのポイントはなに?

集客のためにブログを始める!集客のためのポイントはなに?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー