>  > 【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

ぎっくり腰は、なった人しかそのつらさを理解することができないとよくいわれますが、実際にぎっくり腰になったら、治るまでにどのくらいの期間を要するのでしょうか?ぎっくり腰になると、初期段階は動くことすらままならない状態になります。まだ、ぎっくり腰になったことがない人は、不安になってしまいますよね。ここでは、実際にぎっくり腰になった方100名に、どのくらいで治ったのかアンケートを取りました。どのくらいで治ったのか見ていきましょう。

【質問】ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

グラフ
    • 1位:1週間以内 48%
    • 2位:1ヶ月以上 15%
    • 2位:半月以内 15%
    • 3位:3日以内 13%
    • 4位:1ヶ月以内 9%

第1位:1週間以内

5日目くらいから痛みや違和感がなくなり普通に生活することが出来るようになりました。

[福島県/39歳女性]

ぎっくり腰になってからすぐに対処したので思ったよりも早く改善することができました。

[青森県/27歳女性]

完全に痛みが引くまでには一週間程度かかりました。

[山口県/31歳男性]

およそ半数近い48%の方が、ぎっくり腰になってから1週間以内に回復したと回答しました。「最初は痛くて動けなかったけれど、早めに接骨院や病院に行って対処してもらうことで、5日目前後から痛みが和らいできた」という方が多い傾向でした。特に、「最初の3日くらいの間は、起き上がることすらできなかった」という意見が多く見受けられました。ぎっくり腰が悪化しないように、できるだけ早めに接骨院などに相談することが早期回復のポイントのようです。

第2位:1ヶ月以上

とにかく痛みで動けなくて大変でした。電気治療も受けました。

[神奈川県/47歳女性]

痛みがひどく1週間ほどで歩ける様にはなりましたが、完治するまでには時間がかかりました。

[千葉県/38歳女性]

動けるぐらいは一週間ぐらいでしたが、安心してという事になると一か月はかかりました。

[滋賀県/47歳男性]

約15%の方は、ぎっくり腰が治ったと感じるまでに1ヶ月以上かかったという回答があり、2番目に多い回答数となりました。ぎっくり腰患者の中でも、特に症状が強い方が多かった傾向があります。ぎっくり腰にも症状の度合いがあるので、あまりにひどいとかなり長期間の治療が必要となるようですね。ただ、「1週間から2週間程度で、歩けるほどには回復した」という方も多く、1ヶ月ずっと寝たきりというわけではなかったようです。

第2位:半月以内

比較的酷いぎっくり腰だったので、動けるまでに10日以上かかった。

[奈良県/53歳女性]

的確な施術をしてもらえたので、徐々に良くなっていった感じです。

[大阪府/39歳女性]

私の場合は、10日程度で完治しましたが、その10日間は地獄のような痛みでした。

[石川県/36歳男性]

1ヶ月以上と同率で15%の方が、ぎっくり腰が治ったと感じるまでに半月程度を要したと回答しました。接骨院や整体にいって、適切な処理をしたうえで安静にして半月という方も多く、1週間で治ったと感じた人よりも症状が重い人が多いようでした。また、「症状は重くないものの仕事を休むことができないため、安静に過ごすことができずに痛みが引くまでに半月程度かかった」という意見も見受けられました。適切に対処できていれば、もっと早く回復していたかもしれませんね。

まとめ

結果として、「1週間以内に治った」という方が最も多く、半数近くの回答となりました。ただ、回答のコメントを見ていると「1週間程度で強い痛みは治ったけれども、完全に痛みが引くまである程度の時間を要した」と答えた方も少なくありませんでした。また、同様に1ヶ月以上や半月以内と回答した方の中でも、「1週間程度で痛みはかなり取れたけれども、1ヶ月くらいは違和感がある状態だった」「半月ぐらいで完全に痛みが亡くなった」などの意見がいくつか見受けられました。

人によって、ぎっくり腰が治ったと判断する基準は多少異なるため、回答の範囲にある程度の差異があると考えられるでしょう。1ヶ月以上かかったという方の中でも、動けるようになるくらいまでに回復したのは、1週間以内である可能性が高いです。そう考えると、1位の割合はもっと大きいかもしれませんね。今回、比較的早く症状が改善したと回答した人の多くは、「症状の初期段階において、接骨院などで適切な施術を受けた」と回答している方が多かったです。

逆に、どこにも行かずに自宅でゆっくりしていた人や、無理に仕事をしていた人は症状の改善に時間がかかったようです。ぎっくり腰は、発症してしまうと動くことすらできなくなるほどの痛みにさいなまれます。特に「最初の3~5日にかけては、かなりひどい痛みを感じた」と回答する人が多かったです。接骨院に足を運ぶのもつらいと考えがちですが、この苦しみから少しでも早く回復するためには、接骨院で適切な施術を受ける必要があります。適切な施術をしてもらえば、後に痛みや違和感を引っ張ることも少なくなるでしょう。早期改善を期待できるため、ぎっくり腰になった場合は接骨院などを頼ったほうがおすすめです。

関連記事

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】出産後、出産前の体に戻ったと感じたのはどのくらいですか?

【2018年度版】出産後、出産前の体に戻ったと感じたのはどのくらいですか?

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー