>  > 整骨院での新たなスタイル パーソナルトレーニング×整骨院

整骨院での新たなスタイル パーソナルトレーニング×整骨院

整骨院での新たなスタイル パーソナルトレーニング×整骨院

柔整開業.comの武田です。
今回は整骨院で導入可能な新たな施策として「パーソナルトレーニング」を紹介させていただこうかと思います。

今後の柔整業界が抱える問題点としてよく言われているのが、療養費の減少です。前回の療養費の改定では微増しましたが、療養費が上がり続けるということは考えにくいです。

もちろん、骨折・脱臼の来院がコンスタントにあれば経営は成り立つかもしれませんが、現状では骨折・脱臼した際に接骨院、整骨院に来ることは少なくなっていると思います。もちろん、中には地域で有名で絶えず来院する院もありますが、世間のイメージとして骨折・脱臼といえばとりあえず整形外科という印象になっていると思います。

このような現状から実費への移行は徐々に取り組んでいかなければならない課題だと思います。
そこで実費の一つとしてご紹介するのがパーソナルトレーニングです。

 

そもそもパーソナルトレーニングとは?

クライアント(利用者)の状態に合わせながら、目標達成や課題解決のために必要なトレーニングをマンツーマンで指導、サポートするトレーナーのことをパーソナルトレーナーと言います。

各種体力要素(筋力や柔軟性、持久力など)は1人1人異なります。強度や回数をクライアントの目的に合わせて調整しながら、最適なトレーニングを指導することをパーソナルトレーニングと言います。


パーソナルトレーニングの特徴

整骨院で行うパーソナルトレーニングはイメージとして、某トレーニングジムが行っているような筋肉がムキムキになるというイメージではありません。
むしろそこは差別化してその部分にはあまり力を入れていません。その部分に力を入れてしまうと設備が整っているジムにはどうしても劣ってしまうからです。

整骨院で行われるパーソナルトレーニングでは以下の3つの特徴が挙げられます。
「健康増進」「体質改善」「ボディメイク」
一つ一つの言葉の意味として、「健康増進」は体力の向上、ストレス解消、生活の質の向上などを目的としています。
「体質改善」はスポーツ障害の予防・改善、パフォーマンスの向上、健康寿命延長などを目的としています。
「ボディメイク」はダイエット、筋力増強、悪い姿勢の改善などを目的としています。

 

パーソナルトレーニングを整骨院で行うメリット 

根本へのアプローチ

来院される患者さんの中には、筋力不足から痛みが生じる場合、体重増加による痛みが生じる場合があります。場合によっては施術だけをしていてもなかなか効果が出ない場合も多いと思います。
この時に筋肉のスペシャリストである整骨院の先生が、施術と併用してパーソナルトレーニングを行うことによって根本からのアプローチができ、それが症状の改善に繋がることもあります。

 

新たな実費獲得

冒頭でも述べましたが、療養費がどんどん厳しくなる昨今、接骨院、整骨院での実費獲得は課題となっている院も多いかと思います。

パーソナルトレーニングは1回30分3000~5000円程度の実費獲得が可能です。(一般的なジムでの相場はピンキリですが、60分8000円くらいかと思います。)
しかも基本的に必要なのはスペースと初期費用のみで、ランニングコストはほぼ掛かることがないのでその点もお勧めです。

 

継続的な来院が見込める

一度パーソナルトレーニングを始めたら、週に2~3回のトレーニングを2~3か月程度やらないと基本的には効果が見込みづらいです。逆に言うと2~3か月の間、週に2~3回程度の来院をするように指導しやすくなるということです。

 

より信頼を得られる

これまで以上に患者さんとの距離感が近くなり信頼を得やすいです。信頼を得ることによって周りへの紹介にも繋がりやすくなります。

 

パーソナルトレーニング導入

もし整骨院でパーソナルトレーニングを導入したいとなったら、初期費用はどのくらいかかるのか?どのような道具が必要なのか?トレーニングについて曖昧な部分がある、トレーニング法のバリエーションが少ない、など色々な不安や課題があるかと思います。

 

そんな方のために柔整開業.comではパーソナルトレーニング講座を開講しています。

講座は基本的には3~4日程度、1日90分の授業を4コマ、内容は座学、実技、現場見学などを行います。

座学では基本的な骨、筋、関節の作用、構造などの復習、行動科学、リスク管理、栄養学、パーソナルトレーニング概論を行い一から学べる環境を作っています。

また、導入時に宣伝用チラシ、回数券、導入する際のイメージなども当社でサポート致します。

 

接骨院・整骨院がコンビニと同じくらいの数があると言われている現在、他の院との差別化として、新たな形として、パーソナルトレーニングを導入されることを検討されてはいかがでしょうか?

 

この記事に関するお問い合わせは

http://yawarabiz-jn.com/contact.html

こちらまでお願いします。

関連記事

リピート率をきちんと計っていますか?○○%以下だと危ない!?

リピート率をきちんと計っていますか?○○%以下だと危ない!?

「また、様子を見に来てくださいね」は封じた方がいい。来店を促す言葉とは?

「また、様子を見に来てくださいね」は封じた方がいい。来店を促す言葉とは?

保険から自費へ!限られたパイの奪い合いはもうやめにしませんか?

保険から自費へ!限られたパイの奪い合いはもうやめにしませんか?

患者さんへサービスや商品を正確に伝えるには

患者さんへサービスや商品を正確に伝えるには

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー