>  > 即実践!本当に優秀な人材を確保できる面接方法!

即実践!本当に優秀な人材を確保できる面接方法!

即実践!本当に優秀な人材を確保できる面接方法!

面接をする目的はなんですか?

こんにちは!治療家ワークネットの加藤と申します。私は転職サイトのコンサルタントとして、お仕事を探されている方や、スタッフを募集している治療院さんとよくお話しさせていただいております。そのリアルな現場の声をお届けできればと思っておりますので、よろしくお願いします。

 

普段、私はコンサルタントとして面接を終えた応募者から感想を聞いたりしています。

先日、第一志望のA整骨院の面接を終えたTさんという方から

「内定は貰ったけど思った感じじゃなかった」と辞退の連絡がありました。

そこでそれではここも受けてみませんか?とB整骨院を紹介したところ、そこまでノリ気ではなかったTさんから「予想外にいい感じだったので是非働きたい」と結局TさんはB整骨院に採用となりました。

待遇や勤務地などA整骨院の方がTさんの理想に近かったにもかかわらず、A整骨院は人材を確保できず、今でも人材を募集しています。

 

いったいこの違いは何なのでしょうか。

院の方針の違いなどあるとは思いますが、私はズバリ面接の方法だと思います。

皆さんにひとつ質問です。皆さんが【面接をする目的】はなんですか?

 

・履歴書だけでは判断できない能力を確かめる。

・会話を通じて相手の本質を見極める。

 

などではないでしょうか?確かにそれも重要ですが、本当に大切なのは「優秀な人材を【確保】する」ということだと思います。この部分を忘れて見極めることに注力し結果的に尋問や取り調べのようになっていませんか?心当たりのある方も少なくないはずです。

 

応募者はここを見ている!辞退されない面接方法

多くの面接官が応募者の人柄、服装、話し方をチェックしているように、応募者もまた面接官の話し方、応接の雰囲気、スタッフさんの雰囲気、はたまたカレンダーに書いてあることまで優秀な人ほど観察しています。その中で面接官の雰囲気が入社するか否かを決定する最も大きな要因となってきます。
それではどのようにすればよいのでしょうか。

 

応募者の多くは緊張しながらやってきます。さらにマイナスのイメージを持たれないように硬くなっています。その緊張を解かないまま進めてしまうと、あたりさわりのない面接になってしまい結果的にはお互いに空振りに終わってしまいます。

そうならないためには最初が肝心。「今日は暑いですね。暑いのと寒いのはどちらが得意ですか?」「面接で緊張するのは当たり前ですから隠さなくてけっこうですよ」「本音を言うと私も今、少し緊張しているんですよ」などと声をかけてあげると応募者の緊張がほぐれ、その本来の姿を見せてくれるようになります。

そこから、話を聴いて褒めたりアドバイスをしたり、時には相談したり宿題を与えたりしつつ職場の先輩としての目線で、面接を楽しむ気持ちで挑んでみてください。

 

あいさつをしなかったり、やる気のない態度や高圧的な態度をとったりすると悪い印象しか残りません。今はネットで悪いうわさがあっという間に広がってしまいます。面接官の言動や行動によっては会社に損害を与えることもあるのです。

 

面接で聞いてはいけないタブーな質問

厚生労働省のHPでは、公正な採用選考を行うには、質問の内容にも配慮すべきと注意喚起を行っています。
例えばどんな質問がNGかというと、


・本籍・出生地に関すること

・家族に関すること(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など)

・住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近郊の施設など)

・生活環境・家庭環境などに関すること

・宗教に関すること

・支持政党に関すること

・人生観、生活信条に関すること

・尊敬する人物に関すること

・思想に関すること

・労働組合・学生運動など社会運動に関すること

・購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること など


仕事の能力や適性を判断するのに関係のない内容を聞くのは職業差別につながる恐れがあります。しかしながら、採用に引っ越しが伴う場合や、ストレス耐性を聞きたい時には誤解を与えないように「勤務するにあたって引っ越しが必要になると思いますが、うちの給与で生活は大丈夫ですか?」や「お仕事をしていればどうしても嫌な事も出てくると思いますが、休日では気分転換できていますか?」というように聞けば相手も嫌な想いはしないはずです。

 

いくつか挙げさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、面接の方法に正解はありません。活用できそうな部分をピックアップして人材を確保できる面接に役立ててください。


スタッフの採用でお困りの方は治療家ワークネットへご相談ください。

関連記事

介護福祉業界で柔道整復師が働くときのメリットとデメリット

介護福祉業界で柔道整復師が働くときのメリットとデメリット

柔道整復師の教育カリキュラムが変わるかも…これからはエコーの時代か?

柔道整復師の教育カリキュラムが変わるかも…これからはエコーの時代か?

柔道整復師の就職先は大きく4つに分かれる!それぞれの仕事内容とやりがいを比較

柔道整復師の就職先は大きく4つに分かれる!それぞれの仕事内容とやりがいを比較

柔道整復師になるための2大試験

柔道整復師になるための2大試験

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー