>  > 介護福祉業界で柔道整復師が働くときのメリットとデメリット

介護福祉業界で柔道整復師が働くときのメリットとデメリット

介護福祉業界で柔道整復師が働くときのメリットとデメリット

柔道整復師というと、接骨院や整骨院などで働いているイメージがあります。しかし、近年では介護福祉業界での需要も徐々に高まっていることをご存じでしょうか?今回は、「なぜ柔道整復師が介護福祉業界で需要があるのか」「介護福祉業界で働くときのメリットやデメリットはどのようなものがあるのか」について詳しくご紹介します。

1.介護福祉業界での柔道整復師の役割とは

柔道整復師というのは、医療行為を行いませんが、施術をすることによって人が本来有している回復力を促して、脱臼や骨折、打撲といった症状の緩和をすることを目的としています。あくまでも補助的な立場であり、医師などとは全く違う存在といえるでしょう。ただし、柔道整復師自体は、れっきとした国家資格です。そのため、民間資格である整体師とは異なりますので気をつけましょう。

一般的に、柔道整復師が就職する職場は、接骨院や整骨院です。しかし、近年では介護福祉業界においても、柔道整復師が就職をして活躍をしているというケースが増えてきています。今後も増えていく可能性が高いといえるでしょう。柔道整復師が介護福祉業界で持つ役割としては、高齢者の身体能力・運動能力の維持保全があります。

高齢者は、年齢を重ねるにしたがって、徐々に運動機能が低下していきます。また、けがをしてしまうと回復が遅く、場合によっては悪化して寝たきりなどになってしまう可能性があるのです。柔道整復師は、高齢者がこのような状態になってしまわないように、機能訓練や回復訓練を行う仕事に取り組んでいます。

柔道整復師が就く具体的な職種の名前は、「機能訓練指導員」といいます。福祉介護業界では、各施設において1名の機能訓練指導員を配置しなければなりません。また、今後はさらに高齢化社会が広がることから、機能訓練指導員の需要がより増えると考えられています。なお、機能訓練指導員は、正式な資格ではありません。柔道整復師のほかにも、看護師や理学療法士、そして言語聴覚士も機能訓練指導員として働くことが可能です。

2.柔道整復師が介護福祉業界で働くメリット

柔道整復師が介護福祉業界で働くことで、次のようなメリットがあります。

  • 幅広い知識を身につけることができる
  • 利用者により近い存在になることができる
  • 比較的残業が少ない傾向がある

一般的な柔道整復師が就職する接骨院や整骨院での主な仕事は施術行為です。そのため、やりがいはあるものの単調な毎日になりやすいというデメリットがあります。さらに、同業者が集まりやすいので、新たな知識などを得る機会が少なくなるでしょう。しかし、介護福祉業界で就職することで、柔道整復師以外の介護福祉士や看護師、理学療法士といったさまざまな能力を持つ人とともに仕事をしていくことが可能です。

機能訓練指導員としての知識以外も含めて、介護福祉業界についての知見を増やすことができます。これによって、将来的に介護支援専門員へとキャリアアップするなどの新しい道に進むことも期待できるでしょう。また、接骨院などで働いていると回復した被施術者は、接骨院に来なくなってしまい、元気な姿を見たり、悪くなりそうなことを予防したりすることが難しくなります。

しかし、介護福祉業界であれば頻繁に顔を合わせるので、回復した後も経過を見たり、気になるところをさらにサポートしたりすることができます。利用者に寄り添った仕事ができるので、やりがいはさらに大きいといえるでしょう。また、接骨院や整骨院に比べて介護福祉業界は比較的残業が少ない傾向です。計画的に仕事をやりやすいので、仕事とプライベートとの両立も容易にできるでしょう。

3.柔道整復師が介護福祉業界で働くデメリット

柔道整復師が、介護福祉業界で採用されると、次のようなデメリットもあります。

  • 機能訓練指導員としての仕事以外も多い
  • 時には悲しい別れも
  • 同じ苦労をわかる仲間がいない場合も

介護福祉業界で働くためには、機能訓練指導員としてだけ働いていればいいというわけではありません。比較的人員不足になりやすい傾向があるので、その他のサポートにも回る必要があります。さらに介護保険に関しての知識も必要となるので、積極的に勉強をしていなければなりません。また、高齢者を相手とした仕事ですので、時として、悲しい別れに直面することもあるでしょう。

特に相手へ感情移入しやすい仕事です。決して避けてはいけないものですので、ある程度覚悟したうえで、仕事に臨むようにしましょう。そして、職場によっては柔道整復師の資格を持っている職員が自分だけであることも少なくありません。同じ業務内容の苦労を分かち合う仲間がいないこともあるので、だれにも頼れないつらさがあることもあるでしょう。

4.まとめ

超高齢化社会ともいわれている現代において、高齢者介護の需要はどんどん高まっています。その中で、柔道整復師は機能訓練指導員として新たな仕事の需要が高まっています。もし、整骨院や接骨院などではなく、新たな職場の道を開きたい場合は、前向きに検討をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

独学では難しい…柔道整復師になるまでにかかる費用

独学では難しい…柔道整復師になるまでにかかる費用

海外で「柔道整復師」として働く道はあるの?

海外で「柔道整復師」として働く道はあるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

女性だって柔道整復師として活躍できる!

女性だって柔道整復師として活躍できる!

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー