>  > 柔道整復師になるには専門学校と大学どちらに進学すべき?

柔道整復師になるには専門学校と大学どちらに進学すべき?

柔道整復師になるには専門学校と大学どちらに進学すべき?

柔道整復師になるための進路として代表的な進路が「専門学校」と「大学」です。実際には、どちらを選ぶのが適切なのでしょうか? それぞれの進路の特徴について深堀していきます。


柔道整復師になるには養成施設を卒業することが必須

柔道整復師は、骨や関節、靱帯(じんたい)などの不調を回復させるための施術を行う職業です。治療法は主に「整復法」「固定法」「後治療」の3つに分けられ、手術をすることはありません。働く場所は病院や整骨院、スポーツジムや介護施設などさまざまです。独立開業して自分のお店を経営している方もいます。

柔道整復師は整体師とよく比較されますが、両者には大きな違いがあります。柔道整復師は国家資格が必要な職業ですが、整体師は民間の資格です。また、柔道整復師の治療には保険が適用されますが、整体師の施術には保険が利用できません。

柔道整復師になるための国家試験は毎年3月のはじめに実施されています。この試験を受けるためには

 ・厚生労働大臣が定めた柔道整復師養成課程のある専門学校
 ・文部科学大臣が定めた柔道整復学科のある大学・短期大学

以上のどこかに通うことが必要です。

専門学校と短期大学は3年制以上、大学は4年制以上となっています。これらの養成施設では治療技術の他に解剖学や病理学理論、外科学概論や一般臨床医学なども学びます。柔道整復師は医療資格であるため、多くの知識が必要とされるためです。試験の際も11科目から200問ほどが出題されるため、受験対策はしっかりと行うことが重要です。


専門学校と大学で違いはある?

柔道整復師を養成するための学校には、専門学校・短期大学・大学の3種類があります。どの学校でも国が指定したカリキュラムに沿った授業をします。そのため、選んだ学校によって授業の内容が大きく違うことはありません。

専門学校・短期大学と大学の大きな違いは、卒業までに必要な年数の違いです。専門学校や短期大学は3年で卒業できるため、4年制大学よりもはやく仕事に就くことができます。学費の面でも大学よりは低く抑えられることが多いようです。

大学は卒業するまでに4年かかりますが、じっくりと試験へ向けて勉強することができます。4年間の大学生活で得た経験は、その後に大いに生きてくるでしょう。また、大卒という学歴は、給料面の優遇につながることもあるでしょう。

ただ、柔道整復師養成課程のある大学は全国に10校ほどしかありません。お住まいの場所によっては、通える距離に大学がない方もいるでしょう。その点では、全国に100校前後ある専門学校が有利といえます。
どの学校を選ぶか決め手に欠けるという方は、学校案内パンフレットをいくつか取り寄せて比較してみましょう。校風や設備など、学校ごとの違いを見て進学先を決めることをおすすめします。


自分に合った学校を探そう

柔道整復師養成課程のある学校へは、最低でも3年通うことになります。自分に合った学校を選んで数年間の学生生活を充実したものにしましょう。学校選びで気をつけたいことは、授業の内容や講師の質、国家試験対策のサポートなどです。

柔道整復師になるためのカリキュラムは全国共通ですが、学校によって教え方や実習の内容も変わります。

 ・著名な講師を招いている学校
 ・柔道整復師以外の資格が取れる学校
 ・実践的な実習が充実している学校

など、各学校で特色が違います。将来働きたいと思っている自分のスタイルを考え、それに合った勉強ができる学校を選ぶことをおすすめします。

また、柔道整復師養成課程のある学校の中には、社会人向けの夜間部を設けているところもあります。仕事をしながらの通学は大変ですが、会社員でも柔道整復師を目指すことができるのです。ただし、通信課程を設けている学校はありません。

医療従事職である柔道整復師は通信教育で資格を取ることが認められていません。医師、看護師、理学療法士などの医療従事職は、一部の例外を除き、学校に通って資格を取るように定められているためです。柔道整復師を目指す方は、学校に通って国家試験受験資格を得ましょう。

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー