>  > 接骨院は巻き込まれがち…交通事故後によくある患者と保険会社のトラブル

接骨院は巻き込まれがち…交通事故後によくある患者と保険会社のトラブル

接骨院は巻き込まれがち…交通事故後によくある患者と保険会社のトラブル

接骨院に通う患者さんの中でも、交通事故に関わるものは特に注意が必要です。なぜなら、保険会社、患者との関係性を確認しておかなければ、後々のトラブルにつながる可能性があるからです。そのため今回は、接骨院としてでき得る、交通事故後の施術とトラブルの解消方法についてご紹介します。


保険会社としては接骨院に行ってほしくない

保険会社では、交通事故によって患者が受けるべき治療や施術にかかった費用を支払う義務があります。交通事故後、患者には病院で通院を続けるパターンと、病院を受診後整骨院に通院する2パターンがありますが、保険会社は、長期的に来院するイメージのある接骨院での施術を嫌う傾向にあります。

そのため、保険会社の中には、接骨院での施術をできる限りやめるよう患者に仕向ける会社も少なくありません。その施術に必要性があるのか、接骨院側からの不正請求がないかなどを調査されます。接骨院での施術には長期通院が必要な場合が多いですが、施術打ち切り通達などの方法をとるケースもあるのです。

交通事故後の回復を目的とした来院では、患者側が医師の指示ではなく自らの判断で来てしまう場合もあります。
医師から満足いく治療を受けられなかったと感じた患者の多くは、医師と積極的なコミュニケーションをとれていません。治療と施術が重複しているにも関わらず、医師側も柔道整復師側もそれを知らずにそれぞれの治療・施術を続けてしまう可能性もあります。

こうしたケースは、双方の信頼を落とすことにもなりかねないので、事前に確認する必要があるでしょう。


患者にできるアドバイスは?

接骨院が患者にできることは、施術前のヒアリングでこうした交通事故に関わる相談であるかを事前に把握し、あらゆるトラブルの可能性について患者に伝えておくことです。

医師の許可を経て来院したのか、保険会社とのコミュニケーションは密に取れているかなどの確認を行い、患者側の疑問点や知らない点については接骨院側で補足してあげられると良いでしょう。

最終的に目指すところは、一日でも早く回復させることです。そのためには、回復の妨げとなる精神的ストレスや雑多なトラブルはできる限り解消してあげることが賢明です。

交通事故というケースは、人生でたびたび起こるものではありません。接骨院や病院、保険会社に務めていると慣れてしまうかもしれませんが、当事者である患者さんは未知であることが意外と多いものです。そういった患者の気持ちに寄り添い、できる限りの知識を提供することでトラブルを解消しましょう。

関連記事

交通事故請求における逓減と保険会社との付き合い方

交通事故請求における逓減と保険会社との付き合い方

第三者行為の健康保険での取り扱いとは?

第三者行為の健康保険での取り扱いとは?

患者様に「整形外科医に整骨院への通院が認められない。転院したい...」と言われたら?

患者様に「整形外科医に整骨院への通院が認められない。転院したい...」と言われたら?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー