>  > 交通事故請求における逓減と保険会社との付き合い方

交通事故請求における逓減と保険会社との付き合い方

交通事故請求における逓減と保険会社との付き合い方

前回交通事故の記事を書かせていただきましたが、それを読んだ先生方から色々と質問を受けました。そこで今回はいただいた質問の中から、特に多かった「交通事故請求の逓減」と「保険会社との付き合い方」について書かせていただきます。

交通事故における逓減について

交通事故の請求書を算定するに当たって逓減というものがあります。逓減は3部位以上負傷した場合に3部位目以降にかかる多部位逓減、初検日から3ヶ月経過するとかかる長期逓減があります。逓減をかけずに請求を出すと保険会社から「逓減をかけてください。」というようなことを言われるケースがありますので、交通事故請求の場合逓減をかけるのが普通と思われている先生もいらっしゃるかと思います。しかし、実はこの逓減は必ずかけないといけないものではありません。逓減をかけずにしれっと請求してみると意外とそのまま請求が通るかもしれません。


ただし、保険会社から「逓減をかけてください」と言われ、それを無視して強引に請求をあげるのは得策とはいえません。今後、同じ損保会社該当の方が来院されることは大いに考えられます。そこの所も考慮して保険会社と交渉してみましょう。

強引な保険会社の担当者にはどう対応したらよいか

①2ヶ月以上の通院は認めません。②病院からの紹介がないと整骨院での施術は認めません。③施術部位を減らしてください。

交通事故の請求で保険会社からこのようなことを言われたことはありませんか?

皆さんはこういう場合、どのように対応しているでしょうか。


①のような場合、医師でもなんでもない保険会社が通院の期間を指定するのはあってはならないことです。2ヶ月以上の施術が必要な場合は1ヶ月経過した段階で、今後も継続して施術が必要な理由をカルテなどに記載して、保険会社に送ってください。


②のような場合、そのような決まりはありません。院を選択する権利は保険会社ではなく患者さんにありますので、患者さん自身に整骨院での施術が必要だということを保険会社に伝えてもらってください。それでもダメだと言われた場合は整骨院での施術が認められない理由はなにか、確認してもらいましょう。ただし、骨折や脱臼の場合は健康保険での施術と同じように同意書が必要になりますので注意してください。

③のような場合、施術部位を減らすということの影響をよく理解する・理解してもらう必要があります。施術部位を減らしたことで後遺症などが残ってしまった場合、保険会社は責任を取れません。保険会社に言われたから施術部位を減らしたというのは言い訳にはなりません。先生方はそこをよく理解して、必要があれば保険会社にもその旨を伝えて理解してもらう、そのような動きが必要になってくるかと思います。


整骨院と保険会社どのように付き合っていくか

自賠責は自由診療です。患者さんの意志が第一に尊重されるべきものです。上で記載したような保険会社からの強引な押し付けは認められていません。


しかし、あからさまに必要以上の施術内容で請求をあげている整骨院がいるというのも事実です。そのような整骨院のせいで、保険会社が請求に対してシビアになっているということも理解してあげる必要があるかもしれません。整骨院と保険会社の間でもめてしまったせいで本来一番守られるべき患者さんの利益が害されてしまう、そのようなことは絶対に避けなくてはなりません。


正しい知識を持って患者さんに案内する、時には保険会社と交渉をする。整骨院の先生方の知識で患者さんの利益が守られると言っても過言ではありません。

 

関連記事

接骨院は巻き込まれがち…交通事故後によくある患者と保険会社のトラブル

接骨院は巻き込まれがち…交通事故後によくある患者と保険会社のトラブル

第三者行為の健康保険での取り扱いとは?

第三者行為の健康保険での取り扱いとは?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー