>  > 業界初!レセプト発送代行サービス付きレセプトコンピューター登場

業界初!レセプト発送代行サービス付きレセプトコンピューター登場

業界初!レセプト発送代行サービス付きレセプトコンピューター登場

接骨院で保険請求を取扱うために欠かすことのできないレセプトコンピューター。レセプト印刷のみで極力コストを抑えたい、自費がメインなのでしっかりと自費の売上管理ができるレセコンがほしい、来院分析などの分析機能を充実させたいなどなど、レセコンに求めるものは人それぞれですが、要望にピタリと合うレセコンにはなかなかめぐり合えないのが現状です。

 

中でも、費用面に関してはもっとも頭を悩ませるところで、機能が充実すれば高額になるし、安ければそれなりのクオリティで満足できない。せっかく気に入ったものがあっても、指定の請求団体に加入しないと使えないなど、レセコン以外の費用が発生してしまうことも。

 

そんな中、個人請求を行っている先生にとって待望のレセコン「個人請求版NOAH」が誕生しました!このレセコンは、いったいどのようなものなのでしょうか?

 

 

【必要な機能を選択して思い通りにカスタマイズ可能】

高価なレセコンは確かに多機能ですが、果たして全部の機能を使いきれるでしょうか?不要な機能のために高額な費用をかけていませんか?

個人請求版NOAHの最大の特徴は、そのユーティリティー性。レセプト印刷機能を基本ベースとして、そこに9個のオプションから必要な機能だけを選んで使用することができます。

オプションは、各種帳票印刷、労災、交通事故対応などの実用的なものから、マップ分析、来院分析などの経営サポートまで幅広くラインナップ。思い通りにカスタマイズが可能です。

 

【業界初!レセプト発送代行サービス付き】

個人請求のデメリットの一つが、毎月のレセプト発送作業。それぞれの保険者ごとに封筒を作成し、自分で封入して郵送しなければなりません。この作業には、それなりの作業時間と、郵送での発送費用がかかります。発送費用は1件につき数百円かもしれませんが、量と月数で考えれば決して馬鹿になりません。

 

なんと、個人請求版NOAHには、保険者へのレセプト発送代行サービスが付加サービスとして必ず付いてきます!先生は、NOAHで作成したレセプトを一括して指定の事務センターに送るだけ。保険者ごとの仕分け、封入、発送は、全て事務センターが代行して行ってくれます。業界初の画期的なサービスで、レセプト発送にかかる時間とコストを大幅に抑えることができます。もしかしたら、毎月のレセプト発送費用が削減されることでNOAHの月額利用料が捻出できてしまうかも?

 

【全国柔道整復師連合会の推奨レセコンに認定】

全国7,000の個人請求者が加入する全国柔道整復師連合会。療養費検討専門委員会にも議席を持ち、行政との窓口を担う全整連が、この個人請求版NOAHを会の推奨レセコンとして認定しました。

つまり、現時点で全整連から個人請求の先生が使うべきとお墨付きをもらっている認定レセコンは、NOAHだけということです。

 

また、NOAH利用と同時に全整連へ入会(別途月会費)をすれば、全整連から業界情報を得ることが可能です。業界の情報を知ることができないというのも、個人請求のデメリットの一つ。個人請求版NOAHなら、このデメリットも打ち消すことができます!

 

柔整業界にとって注目の個人請求版NOAH。是非先生の接骨院でも利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

詳細はこちら(http://kensei-group.jp/noah-kn/

関連記事

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

接骨院のシステムにも「クラウド」の導入が始まっている!

接骨院のシステムにも「クラウド」の導入が始まっている!

柔道整復師連携フォーラムが開催

柔道整復師連携フォーラムが開催

昭和38年から続く老舗業界紙「鍼灸柔整新聞」で情報をチェック

昭和38年から続く老舗業界紙「鍼灸柔整新聞」で情報をチェック

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。