>  > 柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

「柔道整復師のスキルを生かし、海外で活躍したい!」。こうした夢をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし、柔道整復術はまだ国際的なライセンス整備が整っておらず、海外で施術を行うためにはいくつかのハードルがあります。海外における柔道整復術の立ち位置や、海外での資格の生かし方についてご紹介します。

「柔道整復師」の資格は日本の資格

日本で柔道複製術を用いた施術を行う場合は、専門学校や専門学科のある大学に通って受験資格を得た後、国家試験に合格する必要があります。

しかし、柔道整復師は国際ライセンスではなく、あくまでも資格の有効性は日本国内に限られます。技術や経験はともかくとして、海外では資格の効力を発揮することは叶いません。

そのため、たとえばアメリカで整骨院・接骨院を開業しようとしても認可は得られません。あくまでも、そのほかの施術(要現地資格)をメインとしたうえで、メニューのひとつに柔道整復術を加えるといった方法に限られます。

WHOは柔道整復術を「柔道セラピー」として認知

あくまでも日本の資格となる柔道整復師。しかし近年、日本の柔道整復術は国際的にも注目を集めています。

これまで日本柔道整復師会は、日本の柔道整復術を海外に広める活動を続けてきました。こうした活動も後押しとなり、2002年にはWHO(世界保健機関)が柔道整復術を「Judo therapy(柔道セラピー)」として正式に認知します。

なお、運動器の疾患や外傷(骨折、脱臼捻挫、打撲、捻挫)が適応症とされており、対象患者は外傷患者をはじめ、スポーツ選手、高齢者、被災者など広範囲にわたります。ちなみに、名称が変わってはいるものの、治療体系の基盤は整復法・固定法・後療法です。

外科的・内科的以外のアプローチとなる柔道整復の施術は、西洋医療に代わる可能性があると期待感を高めています。今後は、さらに日本の柔道整復術が世界に知られていくことになるでしょう。

海外で柔道整復師のような仕事をするには

認知度は上がっているものの、まだまだ国債資格ではい柔道整復師。海外に活躍の場を移そうと考えたときには、どのような選択肢があるのでしょうか? いくつかの方法を考えていきます。

各国の海外活動へ参加

たとえば公益社団法人柔道整復師会には、国際交流事業への取り組みを行っています。JICA(独立行政法人国際協力機構)との共同プロジェクトでは、モンゴルへ日本の柔道整復師を派遣し、柔道整復術の普及活動を実施しました。

そのほかにも、一般社団法人中央接骨師会は、ボランディア活動の海外派遣を行っています。こうした団体の会員になっておくことで、海外での活動を短期間ではあるものの経験できます。

スポーツトレーナーとして技術を生かす

スポーツトレーナーとして海外遠征を行う整骨院・接骨院に所属すれば、海外活動のチャンスを得られる可能性もあります。この際に自身の実力が認められ、スポーツ選手やチームと契約をすれば海外で活躍する柔道整復師会になれるでしょう。

なお、スポーツトレーナーになるのが前提であれば、柔道整復師会とは別に、より専門的な「アスレティックトレーナー」や、全米アスレティックトレーナーズ協会(NATA)の資格を取得するのもおすすめです。

海外支店で勤務する

海外で長期的に柔道整復師会として活躍したいのであれば、海外支店を持つ整骨院・接骨院に就職するという方法も考えられます。こうした施術院は東南アジアに出店しているケースが多く、現地に駐在する日本人向けに営業を行っています。現地での実務経験は、独立開業を目指す方にとって貴重な経験になるでしょう。

資格制度のない国で開業する

カンボジアやオランダのように、施術に免許を求められない国で開業するという方法も考えられます。この場合、民間の診療所としての開業ができるでしょう。また、セラピールーム(マッサージやリフレクソロジーと同種の扱い)など、慰安を目的とした店舗開業であれば、各国の民間資格を取得することで開業ができる可能性もあります。

国際資格を取得し開業する

たとえば鍼灸師は海外でも広く知られています。たとえばアメリカであれば、全米の鍼灸師試験合格と各州指定のライセンス試験に合格すれば鍼灸師として開業が可能。ここに柔道整復師のメニューを加えことで、日本の整骨院・接骨院のような活動ができます。そのほかにも、カイロプラクティックやオステオパシーといった国際・準国際ライセンスを取得するという方法もあります。

まとめ

柔道整復師の資格は日本国内のみで有効です。しかし、身につけた技術力に国境はありません。シンプルに「海外で整骨院を開業する」ということは難しいかもしれませんが、今回ご紹介した方法などを使えば、海外で資格を生かした働き方ができるでしょう。今後、柔道整復術がさらに世界へ広がれば、さらなる道が拓ける可能性もあります。日本の素晴らしい伝統医学を、ぜひ世界中の人々へ届けてください。

関連記事

独学では難しい…柔道整復師になるまでにかかる費用

独学では難しい…柔道整復師になるまでにかかる費用

海外で「柔道整復師」として働く道はあるの?

海外で「柔道整復師」として働く道はあるの?

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。