>  > お便りに書ける小ネタ!『パソコン腱鞘炎』を軽減するストレッチ

お便りに書ける小ネタ!『パソコン腱鞘炎』を軽減するストレッチ

お便りに書ける小ネタ!『パソコン腱鞘炎』を軽減するストレッチ

今はどのような職種でもパソコンを使うことが求められています。

その結果、急増しているのがパソコン腱鞘炎という病気です。

 

これはパソコン作業が原因で起こる腱鞘炎のことです。

マウスを頻繁に使うことでも起こりやすくなることから、マウス症候群とも呼ばれています。

炎症を起こすと手の動きが鈍くなり、作業効率を大きく下げることにもつながります。

 

そのまま我慢してパソコン作業を続けていると、さらに症状を悪化させてしまうので、早めに対策とるようにしましょう。

 

 

パソコン腱鞘炎に効果的な指と手首のストレッチ

手首のストレッチ
 

 

ずっと同じ姿勢でパソコン作業を行っていると、指や手がこわばってくるのが分かります。

 

そのまま作業を続けていると腱鞘炎が起こりやすくなりますので、ストレッチで指や手をほぐしてあげましょう。

指のストレッチは指を手の甲に向かってゆっくり1本ずつ反らしていきます。

指を反らしすぎてしまうと今度は指を傷める原因になりますので、気持ち良いと感じる場所で止めるようにしましょう。

 

パソコンやマウスを長時間使っていると手首も凝ってきています。

手首も指も同じように手の甲にむけて手首全体をゆっくり10秒ほどかけて反らしてあげます。

パソコン作業では肘から下に痛みが出やすいので、肘のストレッチも併せて行うとより効果的です。

 

肘のストレッチのやり方は、片腕の手首を下にした状態でまっすぐに伸ばして、反対側の手で手首をゆっくりと押します。

その状態を10秒から30秒ほど保ちます。

反対側の手も同様に行います。

 

 

腱鞘炎に効くツボ押しで痛みを緩和

腱鞘炎に効くツボ押し
 

 

手にはツボが集中しているので、それを刺激することで腱鞘炎の予防や痛みを緩和することにつながります。

腱鞘炎の痛み緩和に効果的なツボはいくつがありますが、大陵(だいりょう)と呼ばれるツボもそのひとつです。

手首の関節部分のちょうど真ん中くらいに位置しています。

 

他にも、曲池(きょくち)と呼ばれるツボがあります。

曲池はひじを曲げた時にできるしわの部分に位置しています。

 

ツボ押しをする時の注意点ですが、ゆっくり3秒くらいかけてツボを押して、同じく3秒くらいかけて元に戻すのです。

ツボ押しをする時の強さですが、強すぎても弱すぎても効果が期待できませんので、イタ気持ち良い程度に押してあげましょう。

 

 

どうしても我慢できない痛みは通院で治す

ツボ押しやストレッチはあくまでも痛みの軽減に効果的であり、そのお蔭で腱鞘炎が治るわけではありません。

ストレッチやツボ押し試してみても痛みが改善されない時は整骨院か接骨院で施術を受けた方が早い改善効果が期待できます。

関連記事

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

法人カードの特徴と個人事業主が法人カードを持つべき理由とは?

法人カードの特徴と個人事業主が法人カードを持つべき理由とは?

リラクゼーションにもおすすめ!育てやすい観葉植物まとめ

リラクゼーションにもおすすめ!育てやすい観葉植物まとめ

【経営者向けビジネス書】物販の売り上げを伸ばすために読んで欲しい本

【経営者向けビジネス書】物販の売り上げを伸ばすために読んで欲しい本

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー