>  > 柔道整復師が介護関連施設で働くメリットとデメリット

柔道整復師が介護関連施設で働くメリットとデメリット

柔道整復師が介護関連施設で働くメリットとデメリット

柔道整復師というと、整骨院や接骨院で働くというイメージを持っている方は非常に多いようです。また、そのほかにもスポーツ業界などで働く人もいるでしょう。しかし、実は近年介護関連施設においても、柔道整復師という職業の重要性が高まっていることをご存じでしょうか?ここでは、柔道整復師が介護関連施設で求められている理由について、詳しくご紹介します。

1.資格取得後の勤め先は整骨院や整形外科だけじゃない

柔道整復師とは、国家資格の一つです。薬や手術などを用いずに人が本来有している治癒能力を発揮させて、骨折や打撲、脱臼の痛みなどの緩和および回復を促す施術をできる人のことをいいます。そのため、柔道整復師が行うのはあくまでも回復をサポートするための施術であり、医療とは異なるものです。このような施術方法から、按摩マッサージ指圧師や整体師などと混合されることもあります。

しかし、これらの資格とは全く異なるので混同しないよう注意が必要です。被施術者の回復をサポートする能力から柔道整復師の資格を持っている人は、整骨院や接骨院などでその能力を最大限に発揮できると考えられています。また、そのほかにもスポーツ業界などで、活躍している方も多いでしょう。しかし、柔道整復師というのは、しっかりとした能力がないと取得することができない資格です。

近年では、高い技術の認識がほかの業界にも広がっています。そのなかでも特に顕著なのが、介護関連施設です。日本では、超高齢化社会であるといわれるほど、高齢者の割合が増えてきています。人は年齢を重ねると、筋力や身体能力は徐々に低下していき、ちょっとしたはずみで転倒したり、けがをしたりしてしまうのです。

さらに、けがをしてしまうと回復に時間がかかり、最悪の場合そのまま寝たきりになってしまう恐れも。柔道整復師は、その能力を生かして高齢者の運動能力や筋力の向上を助けることが求められています。柔道整復師の仕事としては、機能訓練指導員として、機能訓練や回復訓練、レクリエーションなどの仕事を通じて、高齢者のサポートをすることです。

2.介護施設はどのような形態でもだいたい柔整師はウェルカム

一言で介護関連施設といっても、さまざまな種類があります。柔道整復師は、それぞれの介護関連施設でも高い需要があるのです。主な介護施設としては、次のようなものがあげられます。それぞれの形態についても詳しく見てみましょう。

介護保険施設、指定居宅サービス事業

一般的な介護施設といえば、介護保険施設や指定居宅サービス事業を思い浮かべる方は多いでしょう。特に、特養やデイサービスといった事業形態の場合、最低1人の機能訓練指導員を配置しなければなりません。そのため、介護関連施設のなかでも、特に柔道整復師を求めている事業形態といえるでしょう。3ヵ月に1度作成をする機能訓練計画書に基づき、利用者やその家族の要望を勘案して、適切な機能訓練を施していきます。

有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームや、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームなどがこれに当たります。公的な施設ではなく、民間企業が事業運営を行っているので、前述のサービス事業とは異なる形態といえるでしょう。入居費用が高いことから、機能訓練などを充実させているケースが多く、より質の高い機能訓練が求められることが多いです。

地域密着型サービス事業

地域に根ざした小規模多機能居宅介護事業や、認知症対応型通所介護事業などがこれに該当します。デイサービスやショートステイ、訪問サービスなどがあるので、より利用者に密着した形の機能訓練が求められるでしょう。

福祉用具貸与事業

在宅介護の家庭や老人ホームなどに、福祉用具を貸与する事業がこれに該当します。利用者の要介護度によって、貸出できる用具が定められているので、利用者の要介護度に応じて、機能訓練士として、どのような用具を貸し出すのかを適切に判断する必要があります。

3.柔整師として介護施設で働くことのメリット・デメリット

柔道整復師が介護施設で働くメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • さまざまな知識を習得できる
  • より密着した利用者との関係を結べる
  • 残業は少なめ

一般的に整骨院で働く場合、施術に関する知識だけが充実していきます。介護施設であれば、さまざまな業種の人と一緒に働くので、今までになかった知識をたくさん得ることができるでしょう。また、施術をして症状が改善したらそれっきりというわけではなく、長期間同じ利用者とともに歩むので、濃い関係を築くことができます。さらに、介護施設仕事のなかでも、柔道整復師の仕事は残業が少なめというメリットがあるでしょう。

デメリット

  • 介護関係の仕事を覚える必要がある
  • 高齢者の別れを経験することが多い
  • 柔道整復師の悩みをわかってもらえないことも

機能訓練だけの仕事をするわけではないので、介護関係の仕事を覚える必要があります。さらに、利用者は高齢者であることから、つらい別れを経験する確率が高くなるでしょう。また、介護施設によっては、柔道整復師が1人であることも珍しくないため、柔道整復師ならでは悩みを相談できる相手がいないこともあります。

4.まとめ

超高齢化社会における現代において、介護関連施設では柔道整復師の需要が高まって生きています。さまざまな介護施設での活躍の場があるだけではなく、一般的な整骨院や接骨院とはまた違ったやりがいを見つけられるでしょう。ぜひ、介護関連施設で柔道整復師として活躍していく道を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

「柔道整復師」と併せて取ると便利な資格|介護現場で使える!

「柔道整復師」と併せて取ると便利な資格|介護現場で使える!

サービスの質・従業員の負担を考え、守っていきたい「3対1」の比率

サービスの質・従業員の負担を考え、守っていきたい「3対1」の比率

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー