>  > 整骨院・接骨院の待合室には何を置くべき?

整骨院・接骨院の待合室には何を置くべき?

整骨院・接骨院の待合室には何を置くべき?

意外と見落としがちな待合室のメンテナンス。しかし、待合室の快適さが整骨院や接骨院の満足度につながっていることをご存じでしょうか?待合室を見直すことで、お客様にもリラックスして過ごしてもらえるようになります。今回は、取り入れたい待合室の満足度アップが狙える工夫をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.来院した人の満足度を上げるためには待合室にも工夫が必要

整骨院や接骨院に来院されたお客様は、主に「診療室」と「待合室」の2つの空間を利用します。とくに、待合室では「リラックスをして過ごしたい」「退屈しないで過ごしたい」と考える お客様が多く、どのような環境で待機できるのかは満足度を左右する重要なポイントです。そこで、まずはより快適に過ごしてもらう空間作りができる3つのヒントをご紹介します。

ゾーンごとに分けて利用しやすさをアップ

イスを無造作に並べていたり、壁に沿ってイスを並べていたりする状況では、「どこに座っていいのか分からない」と迷うお客様が出てきます。そこで、お客様が退屈せず少しでも楽しく過ごせるよう、待合室をいくつかのゾーンに分けるのがおすすめ。

「テレビを見るゾーンではテレビの前にイスを並べる」「雑誌を読むゾーンでは本が取りやすいようイスの位置を考慮する」など、お客様が過ごしたい方法に合わせて選択できるようにするといいでしょう。

キッズゾーンが作れる場合はおもちゃや絵本の近くにイスやマットを用意して、親子で過ごせるようにすると満足度がアップ。それぞれのゾーンに合う家具を選ぶことで、視覚的にゾーンの線引きができてお客様が利用しやすくなります。

イスの並べ方を並列型からラウンジ型に変える

横並びにイスを連ねる「並列型」の並べ方では、空間を有効活用できます。しかし、受付付近にお客様が集中してしまい空席が目立つという一面もあるでしょう。3人掛けの場合は真ん中に着席しにくく立ったまま待つお客様が増えてしまい、導線が遮られて利用しにくい整骨院や接骨院になってしまうことも。

そんなときには、イスとイスを向かいあうように設置し前後左右に空間を取る「ラウンジ型」に変えることで、お客様が座りやすい状態を作りましょう。前後左右に空間ができることで圧迫感が少なくなるだけでなく、付き添いのお客様も近くにいやすくなります。

清潔感が感じられる落ち着く空間を目指す

お客様は、待合室の空間全体から「居心地がいい」「また利用したい」と感じます。そのため、清潔感があり落ち着いて待機していられる待合室を維持することも大切です。清掃が行き届いているのはもちろんのこと、観葉植物や間接照明を置いて温かみのある雰囲気を演出するのもおすすめ。とくに、お客様の目に留まる受付周辺や入り口周辺が片付いていると好印象が与えられるので、意識してみるといいでしょう。

2.加湿器やウォーターサーバーなど体調に直結するアイテムを設置

整骨院や接骨院内に置いてあると満足度がアップするのが、加湿器やウォーターサーバーです。どちらも体調管理や衛生管理に直結するアイテムなので、チェックされているお客様も多い傾向です。実際に設置することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

加湿器

空気が乾燥すると口や鼻などの粘膜が乾燥しやすくなり、風邪やインフルエンザに感染する可能性が出てきます。そこで活躍するのが、加湿器。室内を一定の湿度に保てるので、院内感染の予防対策ができます。最近では、空気清浄機と一体型の商品や、待合室などの広い空間に適した業務用も登場。幅広い年齢層の多くの人が集まる空間だからこそ、衛生管理がされていると安心して利用してもらえます。

ウォーターサーバー

体調がすぐれないときに手軽の飲めるおいしい飲み物があると、お客様の満足度にもつながります。場所を取らず衛生的に設置できるのが「ウォーターサーバー」です。抗菌パック仕様やセルフクリーニング機能がついた商品もありメンテナンスに手間がかからず、手軽に使えるところが魅力的。待合室に置いておけば、お客様のタイミングで利用できるのでリラックスして過ごしてもらえます。

3.本やテレビなど暇な時間を快適に過ごすためのアイテムも

はじめは新鮮さがあり快適に過ごせる待合室でも通院回数が多くなるほど飽きてきて、退屈に感じてしまうお客様が多い傾向です。だからこそ、定期的にチェックしたいのはテレビや雑誌、掲示物などのアイテム。テレビは好みが分かれるため、すべてのお客様に合わせることが難しいですが、キッズゾーンと待合室に分けて設置するだけでも、異なる内容を放送できます。少しでも新鮮味が感じられるよう、次の点をチェックしてみるのも一つの方法です。

季節に合わせた掲示物を用意する

代わり映えのしない掲示物が貼られていると「メンテナンスを怠っている」「欲しい情報がない」と思われてしまうことも。季節に合わせた健康管理情報やおすすめのメニューなどを掲示するだけでも、魅力的な待合室に変化します。掲示物したい情報が見つからない場合には、スタッフ紹介などお客様に好印象を持ってもらえる掲示物をプラスしてみましょう。

雑誌や新聞は常に入れ替える

通院しているお客様にとって、長期間同じ本や雑誌しか用意されていないと「することがない」と手持ち無沙汰になってしまいストレスを感じます。そこで、定期的に新しい雑誌や本、新聞をそろえる習慣をつけましょう。経費がかかって難しい場合には、客層に合わせたジャンルを充実させるだけでもお客様が待ち時間を飽きずに過ごせるようになります。

4.まとめ

整骨院や接骨院に通うお客様の満足度をアップさせるには、待合室の見直しも欠かせません。少しでもリラックスして快適に過ごしてもらえるよう、空間の有効活用や設置する設備やアイテムの検討を行うことがおすすめ。はじめて来院されるお客様だけでなく通院されているお客様の快適さも念頭に置いて、満足度をアップさせるような工夫を取り入れてみてください。

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー