>  > 予防のための施術には保険は適用されるの?

予防のための施術には保険は適用されるの?

予防のための施術には保険は適用されるの?

接骨院や整骨院というのは、「体に不調をきたしてから施術を受けに行く」というイメージが強いかもしれません。しかし、できれば状態が悪くなる前から、予防的に施術を受けに行きたいと考える方は多い傾向です。予防の施術の場合は保険適用をすることができるのでしょうか?それとも、全額自己負担になるのでしょうか?今回は、予防のための施術は保険適用されるのかについて詳しくご紹介します。

1.保険が使えるのは、ハッキリとした「負傷」のみ

結論から述べると、予防を目的とした施術を受ける場合、健康保険を適用することができないため、全額自己負担となります。接骨院や整骨院で施術を受ける場合、主に次のような状況のときに健康保険を適用して、一部自己負担をすることができます。

  • 打撲や捻挫、肉離れなど外傷性が明らか
  • 骨折や脱臼(ただし応急処置以外は医師の同意が必要)
  • 骨や筋肉、間接のけがや痛み(負傷原因が明確なもの)

このように、整骨院や接骨院で健康保険を適用して施術を受けたい場合は、ハッキリとした「負傷」を負っている場合に限られます。老化などによって体が衰えてきた場合に、将来的に痛みなどを発症しないよう予防的に施術をしてもらう場合は、健康保険適用をすることができずに、全額自己負担となりますので気をつけましょう。

また、その他にも、次のような場合で施術を受ける際には、同様に健康保険適用できません。

  • 肩こりや筋肉疲労
  • 老化が原因の疲労や痛み
  • 長期間にわたる施術
  • 他の部位のついでに行う施術
  • 椎間板ヘルニア・リウマチ・神経痛・五十肩・関節炎など
  • 負傷の後遺症
  • 医師の同意のない骨折や脱臼(応急処置後)
  • 通勤中や勤務中に負ったけが

通勤中や勤務中に負ったけがについては、健康保険ではなく労災保険適用となります。そのほか、柔道整復師の施術ではありませんが、はり、きゅう、マッサージなどの施術を受ける場合も、柔道整復師の施術と同様の条件に限って、健康保険適用をすることが可能です。健康保険組合によっては、償還払いではなく受領委任制度を適用することができる場合もあるでしょう。

2.保険を使うときは負傷の部位・日時・原因を伝える必要がある

接骨院や整骨院において、柔道整復師の施術を受ける場合、前述のように健康保険適用をすることができるケースがあります。この場合、通常の病院などでは医療費とされますが、整骨院や接骨院では「療養費」扱いです。これは、接骨院や整骨院では被施術者が一度施術料を全額支払います。その後、健康保険組合に施術者自身が請求することで、払い戻しを受けることができるという形式です。

これを「償還払い 」といいます。ただし、整骨院によっては「受領委任」をしているケースがあります。この場合、施術を受ける際に「療養費支給申請書」に署名することで、病院と同じように支払時に一部負担額だけを支払うことが可能です。もし、整骨院や接骨院で保険適用する場合には、かならず次の事項を正確に伝えるようにしましょう。

  • 負傷した部位
  • 負傷の日時
  • 負傷の原因

また、療養費支給申請書を作成してもらう場合は、負傷名・負傷部位・負傷年月日・負傷原因・施術日・施術内容・施術回数・支払金額をしっかりと確認して署名するようにしてください。万が一、白紙の申請書に署名を迫られても、署名しないようにしましょう。

そして、領収書を受け取って、後日健康保険組合から送付されてくる医療養費通知を確認して内容があっているかを確認してください。もし、金額や内容が異なる場合は健康保険組合に確認する必要があります。

3.保険適用外でも辛い痛みを避けられるなら意味がある!

ここまでご紹介してきたように、接骨院や整骨院で健康保険適用、つまり療養費として請求してもらえるのは、ごく一部の状態に限られます。そのため、施術してもらうケースの多くが自己負担となることでしょう。予防的な処置として、整骨院や接骨院で施術を受ける場合も自己負担となります。

だからといって、予防的な施術を受けないほうがよいというわけではありません。積極的に施術を受けることで、悪い状態になることを防ぐことができるので、日常生活の中で苦労したり痛みを伴ったりする心配が少なくなります。お金がかかるからといって、施術を受けずに我慢するとどんどん症状は悪化してしまい毎日の生活に支障をきたす可能性もあるでしょう。

たしかに保険適用をして、安く施術を受けられる状態が望ましいですが、悪い状態を放っておいて生活に支障をきたしてしまうのでは本末転倒です。たとえ、保険適用外であったとしても、辛い痛みを緩和することができるのであれば、費用以上に意味があるといえるでしょう。無理に我慢をせずに、積極的に施術を受けることをおすすめします。

4.まとめ

整骨院や接骨院において、予防のために施術を受けると、保険適用をすることができずに全額自己負担となってしまいます。健康保険で適用するためには、ハッキリと負傷しているとわかる状態のみですので、適用できる状況は多くないかもしれません。

ただし、適用できる場合は負傷の部位や日時、原因などを正確に伝えたうえで、償還払いもしくは受領委任をするようにしましょう。予防のための施術は保険適用ができないものの、苦痛から解放されれば毎日の生活が楽になるので、できるだけ積極的に受けるほうがよいでしょう。

関連記事

【患者さんにアンケート!】接骨院・整骨院に通いやすい時間帯はいつ?

【患者さんにアンケート!】接骨院・整骨院に通いやすい時間帯はいつ?

読んでおきたい業界情報マガジン「整骨院・鍼灸院情報最前線」

読んでおきたい業界情報マガジン「整骨院・鍼灸院情報最前線」

2020年に向けて!外国人の患者さんへの施術、気をつけるポイント

2020年に向けて!外国人の患者さんへの施術、気をつけるポイント

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー