>  > 「柔道整復師」と併せて取ると便利な資格|介護現場で使える!

「柔道整復師」と併せて取ると便利な資格|介護現場で使える!

「柔道整復師」と併せて取ると便利な資格|介護現場で使える!

柔道整復師の代表的な活躍の場は、整骨院・接骨院です。しかし、近年は介護現場からの需要も増えており、柔道整復師の代表的な就職先にもなってきました。そこで今回は、介護現場における柔道整復師資格のメリットや、そのほかに取得しておきたい資格についてご紹介します。

1.柔道整復師資格があれば機能訓練指導員として働ける

柔道整復師の方が介護業界に入った場合、機能訓練指導員に任命されるケースが多い傾向にあります。

機能訓練指導員とは、特別養護老人ホーム(以下、特養)やデイサービスなどの福祉施設で、利用者の機能訓練や回復訓練、レクリエーションを専門的な知識・ノウハウを用いて実施する職のこと。高齢者が充実した自立生活を送る支援が大まかな役割です。

介護施設には1名以上の配置が求められており、今後施設が増えればさらに需要が高まる職業と言えるでしょう。なお、機能訓練指導員になるために特別な資格はいりません。柔道整復師以外にも、理学療法士や看護師、言語聴覚士といった資格を持つ人が機能訓練指導員になるケースも多いです。

介護現場で柔道整復師が求められる理由

すでに常識ともなっている日本の高齢化社会問題。今後もさらに、高齢化は進むとみられています。そのため、専門知識を持ったスタッフの需要が介護現場では高まっています。

年齢を重ねれば重ねるほど、筋力や身体能力は低下します。そのせいで転んでしまったり、身体が思うように動かなかったりすると、ケガにもつながるでしょう。高齢者の外傷は回復までに時間がかかります。そのまま寝たきりになってしまう方も少なくありません。

こうした背景があるなか、柔道整復師が持つ「人間の自然治癒能力を引き出す」というノウハウは非常に役立つと考えられています。高齢者の筋力増強や、健やかに過ごすための施術などを提案できるのは、身体・運動能力の専門家である柔道整復師ならではの強みと言えるでしょう。

柔道整復師が活躍できる福祉・介護事業と具体的な仕事内容

柔道整復師の資格は福祉事業と非常に相性が良く、さまざまな福祉施設が活躍の場となります。以下はその具体例です。

介護保険施設・指定居宅サービス事業 特養やデイサービスなど
有料老人ホーム 介護付き・住宅型・健康型有料老人ホームなど
地域密着型サービス事業 デイサービスやショートステイ、訪問サービスのほか、認知症対応型通所介護事業など
福祉用具貸与事業 福祉用具を貸し出している事業

訓練指導員は上記のような施設において、機能訓練計画書を作成し、他の職員へ提案・指導を行います。また、利用者を個別に評価・モニタリングし、それぞれに合わせた対応も考えていきます。体力測定なども業務範囲内です。

2.生活相談員として働く際に必要な資格

介護現場でより活躍し、年収的にも能力的にもスキルアップしたいと考えるなら、機能訓練指導員に加えて、生活相談員を目指すのもおすすめです。そのためには、以下の資格取得に向けた勉強にチャレンジしてみましょう。

介護福祉士

介護職におけるキャリアパスの最上位資格であり、唯一の国家資格です。高齢者や障害社のサポートにおける介護スペシャリストとして、身体介護、生活援助、相談・助言を行います。なお、柔道整復師の方が介護福祉士資格を取得するのであれば、施設での実務経験を3年以上積み、実務者研修を修了するというルートが一般的です。

社会福祉士

福祉や医療に関する相談援助を行える専門知識・スキルの証明が、社会福祉資格です。介護福祉士と同じく国家資格ですが、社会福祉士のほうが幅広い対象・勤務先について学ぶ必要があります。「将来的には医療機関に勤めたい」とお考えの方におすすめです。

3.介護職員として働く際に必要な資格

「柔道整復師としての能力はあるものの、介護現場での経験がなくて不安……」。こうした場合は、介護職としての基礎知識・技術が身に付く資格を取得するのもおすすめです。以下は、介護職員が持つ代表的な資格です。

介護職員初任者研修

介護職に就く方の入門として設けられている資格です。介護の基礎的な知識やスキルが求められますが、最短の場合1カ月で取得が可能。これから介護職にチャレンジしようとお考えの柔道整復師の方には、はじめに取得していただきたい資格です。

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修をパスした方向けの資格です。医療的ケアやたん吸引など、実践的なスキルが求められます。取得後はサービス提供責任者の役割を担うこともできるようになり、給与面での優遇も期待できます。

4.まとめ

今後さらに社会の高齢化が進めば、介護職の需要はますます高まります。柔道整復師の有資格者の方にとって、有力な就職先になっていくことでしょう。もちろん、責任のある立場となり、収入も伸ばしたいということであれば、介護職向けの資格取得が必要です。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ柔道整復師の能力を生かした働き方を見つけてください。

関連記事

柔道整復師が介護関連施設で働くメリットとデメリット

柔道整復師が介護関連施設で働くメリットとデメリット

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

健康増進寄与が目的のNPO「日本手技療法協会」

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復術は海外でも使えるの?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー