>  > 【会話術】「クッション言葉」をプラスするだけで丁寧な言葉づかいに!

【会話術】「クッション言葉」をプラスするだけで丁寧な言葉づかいに!

【会話術】「クッション言葉」をプラスするだけで丁寧な言葉づかいに!

言葉はさまざま場面で耳に入ってくるだけに、使い方ひとつで印象を左右します。リピーターを掴むかどうかは言葉づかいでも変わります。

クッション言葉を覚えて上手に活用することで、印象のよい対応を心がけましょう。

クッション言葉とは?

クッション言葉とは何か相手に要求する時や謝罪する時などに使われることの多い言葉です。例を挙げてみましょう。

・(お手数ですが)こちらを記入してください。
・(恐れ入りますが)少々お待ちください。


このかっこ内で使われているような言葉をクッション言葉と言います。接客業で用いられることの多いクッション言葉ですが、相手に伝えにくいことを告げる時に用いることでやわらげる効果があります。接客だけではなく、日常で使用されることも多いかもしれません。

どんな使い方が効果的?

待ち時間がかなりある場合や、予約がいっぱいで入らない場合などにクッション言葉を使用してみましょう。例えばこんな感じです。

・申し訳ございませんが、1時間程お待ちいただくことになります
・あいにくですが、本日はもう予約がいっぱいになっております


次に代表的なクッション言葉を紹介します。覚えておいてシチュエーションごとに使い分けてみましょう。

・失礼ですが
・早速ですが
・差し支えなければ
・できましたら
・もしよろしければ
・今よろしいでしょうか

使い方を間違えると逆効果も!

一番受けたい使い方を間違えると逆効果も!

クッション言葉はただ使えばいいということではありません。使い方を間違えると逆に失礼になることがあります。相手によっては不快に感じるので使い方には気をつけましょう。

印象の悪いクッション言葉の使い方で多いものは同じ言葉の繰り返しや多用することです。例えばこんな使い方は印象を悪くします。

・恐れ入りますが、記入をお願いします。恐れ入りますが、こちらでお願いします。

同じ言葉ばかり続けて使うことで相手が不快に感じてしまう例です。不自然な印象を与えますし、気むずかしい人と思っているような誤解を与えかねません。適切なクッション言葉を選んで適度に使いましょう。

不快にならない言葉づかいを大切に!

単純にクッション言葉を使えばよいということではありません。相手に負担をかけない言葉づかいであることが大切です。上から言われているように感じたり、冷たい印象を与えたりしないような言葉づかいを心がけましょう。相手に伝えたいことを柔らかく表現することで、また通いたいと感じてもらうのです。

整骨院や接骨院に訪れる人に限らず、いろいろな人がいます。要望がある時はクッション言葉を使って円滑に伝えましょう。

関連記事

リピーターを増やすために『お見送り』をしてみませんか?

リピーターを増やすために『お見送り』をしてみませんか?

いくつかの候補の中から、最終的にこの接骨院に行こうと思ったのは何故ですか?!

いくつかの候補の中から、最終的にこの接骨院に行こうと思ったのは何故ですか?!

相手との「共通点」を探さなくても会話を弾ませられる方法

相手との「共通点」を探さなくても会話を弾ませられる方法

こんな患者さんには困った…柔道整復師あるある!

こんな患者さんには困った…柔道整復師あるある!

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー