>  > 柔道整復師が介護福祉業界へ転職することは可能?

柔道整復師が介護福祉業界へ転職することは可能?

柔道整復師が介護福祉業界へ転職することは可能?

柔道整復師の資格を持っていると、どうしても就職先は接骨院や整骨院となることが多い傾向です。転職をしようとしても、結局同じような仕事に就くことになってしまい、「違う仕事をしてみたい」と思うこともあるかもしれません。最近、介護福祉業界において、柔道整復師の需要が高まっているといわれていますが、転職することは可能なのでしょうか?詳しくご紹介します。

1.介護福祉業界に転職することはできる

結論から述べると、柔道整復師は介護福祉業界に転職することが可能です。介護福祉業界は、高齢者が元気になるように、そして笑顔で暮らすことができるような環境を提供することが一番の目的になります。そのためには、介護福祉士や介護士などの専門資格を持つプロが求められているのです。そして、柔道整復師も、これからの介護福祉業界を担っていくために、必要とされています。

実際に、近年では介護福祉業界において柔道整復師を募集するケースが増えてきています。よくある就職先としては、下記のような先です。

介護福祉業界 就職先例

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護保険施設
  • 指定居宅サービス事業
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • デイサービスやショートステイなどの地域密着型サービス事業

これらの職場などで柔道整復師の需要が高まっているのです。さらに、福祉用具貸与事業などでも優遇されることも多く、業界内においても、さまざまな事業に携わることができるでしょう。また、介護福祉業界は業界全体を通して人手不足気味であるため、未経験でも構わないという施設も少なくありません。

2.機能訓練指導員とは

介護福祉事業の中でも、特に柔道整復師が就くのにピッタリな職種が、機能訓練指導員です。高齢者は、徐々に体が弱くなっていき、さらに病気やけがをしてしまうと、すぐに回復しなくなってしまいます。場合によっては、それによって体が衰弱して寝たきりになってしまうことも少なくありません。このような状態にならないように、日ごろから高齢者の機能回復や運等能力の向上を管理していかなければならないのです。

機能訓練指導員というのは、筋力低下などを予防するために専門家として、機能訓練や回復訓練などを行うスペシャリストとして存在しています。また、普段の生活の中でレクリエーションを通して、運動機能の低下を予防することも求められているのです。なお、機能訓練指導員とは職種の名前であって資格的なものではありません。

目的に応じて、柔道整復師以外にも言語聴覚士や看護師などがともに機能訓練指導員として力を合わせていきます。機能訓練指導員の主な仕事内容としては、実際の機能回復訓練やレクリエーションの実施だけではありません。どのようにして機能回復や予防をしていくのかなどの、機能訓練計画書や、指導方法などの提案などをすることがあります。

これらの計画書は、利用者一人ひとりに対して作成、実施を行ったうえで、評価や見直しをしていく必要があるでしょう。利用者の状態や目的に合わせて適切なサポートをしていくことが、重要な役割となります。また、その他にも施設で実施される体力測定なども機能訓練指導員の力の見せどころです。高齢者の健康と笑顔を支える仕事といえるでしょう。

3.転職するときに注意したいこと

柔道整復師が、介護福祉業界に転職する際には、仕事内容がこれまでとガラッと変わることを覚悟しておく必要があります。ある程度、介護福祉業界の仕事を覚えていくまでは、困ったり、戸惑ったりすることも少なくないでしょう。ただ、人は慣れていくものですので焦らずじっくりと仕事に取り組んでいくことがおすすめです。

また、一言で機能訓練指導員といっても明確な資格があるわけではなく、さまざまな能力を持った人もいるため、その仕事内容は施設によって大きく変わります。さらに、就職したとしても機能訓練指導員としての仕事さえしていれば良いというわけではありません。どちらかというと、介護関係の仕事のサポートも頻繁に発生するでしょう。

機能訓練指導員以外の情報や知識を得ることができるというメリットもありますが、わからないことだらけの中で働くという不安もあるかもしれません。そのため、実際に転職をする前に、施設における業務内容について、細かく確認しておくことをおすすめします。就職後に思っていた仕事内容と違っていた!というような状態を避けることができるでしょう。

そして、職場内に同じ柔道整復師の有資格者がまったくいないケースも少なくありません。そのため、誰かに相談をしたり、仕事に関しての悩みを打ち明けたりすることができないというケースもあります。いきなり介護福祉業界への転職を決めて行動するのではなく、これらのポイントを踏まえたうえで、介護福祉業界への転職を検討するほうがよいでしょう。

4.まとめ

介護福祉業界は、人手不足が常態化しているため、未経験でも転職しやすい状態といえるでしょう。柔道整復師としての資格を有していれば、機能訓練指導員として施設内で仕事をしていくことができるでしょう。これまでとは全く異なる職種であるため、戸惑うことがあるかもしれませんが、興味があるならば積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

ボディメカニクスを体得して介助をスムーズに進めよう!

介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



 

セミナー