>  > 【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

接骨院などは、自分の身体のことをしっかり把握してもらっているところのほうがいいですね。そのため、基本的には行きつけの接骨院を決めて、通っているという方がほとんどでしょう。ただ、なんらかの理由によって、かかりつけの接骨院を変えなければならないこともあるでしょう。みなさんがかかりつけの接骨院を変えなければならない状況とは、どのようなときでしょうか?実際にアンケートを取って、接骨院を変えた理由を調べてみました。詳しく見ていきましょう。

【質問】行きつけの接骨院を変えた理由はなんですか?

グラフ
    • 1位:効果がなかった 27%
    • 2位:場所が通いづらかった 21%
    • 3位:担当と施術方法が合わなかった 11%
    • 4位:担当や受付などの対応が悪かった 8%
    • 5位:安い院を見つけた 6%

第1位:効果がなかった

半年間通いましたが肩こりが全く良くならなかったからです。

[愛知県/44歳女性]

ぎっくり腰になったときに何度か行っても痛みが治まらなかったので変えました。

[群馬県/35歳女性]

慢性の腰痛に悩んでいて接骨院に通ったのですが症状は変わらず、別のところで大きく改善しました。

[大阪府/65歳男性]

約27%の方が、「もともと接骨院に通っていたけれども、『効果がなかった』という理由から接骨院を変えた」という回答をしました。つらい痛みを直してほしくて、接骨院に通うのですから、目に見える効果を感じたいと思う方がいて当然です。徐々に回復していくのであれば、根気よく通うことができるのですが、一向に回復しない場合は不安を感じてしまいますよね。短期間ですぐに効果が見えないというだけではなく、「半年間通ったけれど効果が感じられないから変えた」という意見も少なくありませんでした。

第2位:場所が通いづらかった

紹介されたとこが通いづらい場所にあったので、自宅に近いとこに変えました。

[神奈川県/34歳女性]

車でしか行くことができない場所で、通うのが面倒になりました。

[千葉県/38歳女性]

会社帰りに行けて評判のよい整骨院を見つけたのでそこにしました。

[大阪府/55歳男性]

2番目に多かった回答は、「場所が通いづらかった」で21%でした。どれだけ腕のいい施術を受けられる接骨院であっても、自宅から遠い場所にあると通いづらくなってしまいます。体の調子が悪いから通っているのに、遠いとつらいですよね。特にぎっくり腰のような痛みの強いものは、車にも乗れないので遠い接骨院は使い勝手が悪いでしょう。その他の意見としては、「会社から自宅への帰り道にいい接骨院を見つけた」「会社の移転に伴って変えた」という意見もありました。

第3位:担当と施術方法が合わなかった

不愛想で、いつまで経っても良くならなかったからです。

[東京都/26歳女性]

体重をかけて力づくで治療をされた結果よけい悪くなったので別の医院に変えました。

[神奈川県/38歳女性]

だんだん先生とウマが合わなくなって辞めることにしました。

[愛知県/34歳男性]

3番目に回答が多かったのは、「担当と施術方法が合わなかった」という回答で11%でした。特に、「担当との相性が悪く変えた」という意見が多かったです。接骨院は体の調子を改善するための場所ではあるものの、やはり接客商売の一つとなります。担当が無愛想であったり、ウマが合わなかったりすると通うのがだんだんと嫌になってしまうことでしょう。また、担当の人間性はともかく、「施術が合わない人や下手な人だった場合も通いたくなくなる」と感じる意見が多くありました。

まとめ

接骨院に通う最も大きな理由は、体の不調を改善したいからです。せっかく通っているのに、症状が改善されないのであれば、不満がたまってしまいますよね。また、通っているのに効果が感じられないと、「この接骨院はあまりよくないのでは?」という気持ちになってしまいます。ほかに評判がいい接骨院の情報があれば、そっちに行きたくなってしまうものです。行きつけの接骨院を変えてしまう理由で、最も回答数が多かったのは仕方がないのかもしれませんね。

また、接骨院に通っている方は、なんらかの体の不調を患っているため、できる限り楽に通いたいと考えるものです。どれだけ腕のいい担当がいる接骨院であっても、普段の通院に時間がかかってしまうと、通うことがつらくなってしまうでしょう。そのため、家の近くや会社の近く、通勤経路の途中などで評判の良い接骨院があれば、通いやすいところに変えてしまうという人もいました。

なお、3位の「担当と施術方法が合わなかった」、4位の「担当や受付などの対応が悪かった」というのは、非常に似ている理由となっています。やはり、人と人とがかかわりあうものですので、どうしても合う合わないというのは出てくるものです。また、ちょっとしたことであっても、どうしても許せない感情になってしまうこともあるでしょう。そのため、合わないと感じてしまったら、早めに通院をやめてしまうという方は少なくありません。

病は気からという言葉があるように、接骨院や担当が信用できなくなってしまうと、実際に施術効果にも影響を与えてしまうことがあります。気分が乗らない状態で通い続けるのであれば、いっそのこと接骨院を変えてしまったほうが、本人のためになるかもしれないでしょう。

関連記事

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】出産後、出産前の体に戻ったと感じたのはどのくらいですか?

【2018年度版】出産後、出産前の体に戻ったと感じたのはどのくらいですか?

【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。