>  > 【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

【2018年度版】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

体調不良や疲労、そして加齢などによって肩こりや腰痛、そして体のあちこちがバキバキに堅くなってしまったという経験はありませんか?堅くなった状態のままで放置してしまうと、身を動かしにくかったり、痛みを生じたりしてしまうこともあります。できるだけ早く体が堅くなってしまった状況を改善したいのですが、どのようなことをすればいいのでしょうか?今回は、体がバキバキに堅くなったと感じたときの対処法についてアンケートを取りました。

【質問】体がバキバキに堅くなったと感じたとき何をしますか?

グラフ
    • 1位:ストレッチをする 49%
    • 2位:湯船につかる 28%
    • 3位:接骨院・マッサージ・ストレッチ店に行く 10%
    • 4位:マッサージをする 9%
    • 5位:その他 4%

第1位:ストレッチをする

ヨガをして関節をほぐし、体を柔らかくする。

[愛知県/37歳女性]

少しストレッチをして、体をほぐすようにしています。

[北海道/29歳女性]

とりあえず自分でできる方法で試してみます。ひどいようですと接骨院なども考えます。

[東京都/36歳男性]

最も回答数が多かったのは、約半数の49%で「ストレッチをする」という回答でした。バキバキになっているということは、筋肉が凝り固まってしまっているということです。「筋肉を柔らかくするためには、ストレッチが有効である」と考える方が多いことから、この回答が多かったと想定されます。また、意識的に早い段階で予防としてストレッチをしている方も、少なくない印象を受けました。中には、「ほぼ毎日行うことで習慣づけしている」という方もいました。

第2位:湯船につかる

とにかく長時間湯船につかって筋肉を柔らかくしようとします。

[兵庫県/37歳女性]

湯船につかりながら肩や足などの固まってしまった部分を揉み解します。

[愛知県/23歳女性]

お風呂が好きなので筋肉をほぐすようにしています。

[埼玉県/33歳男性]

その次に多かった回答は、「湯船につかる」で約28%でした。入浴は、体を温めてリラックスさせる効果が期待できるだけではなく、血行を良くして温めることによって堅くなった筋肉を柔らかくする作用が期待されます。「入浴は毎日する」という方も多い傾向でした。「接骨院などと違って、お金をかける必要がないので積極的に体を温めて、バキバキになった体をほぐしている」という回答をしている方が多かったです。また、「無理に動かしたりすると悪化させることを懸念している」という意見もありました。

第3位:接骨院・マッサージ・ストレッチ店に行く

自分ではなく人にマッサージしてもらうのが一番効果的だと感じるので。

[茨城県/36歳女性]

素人判断でストレッチをすると逆に痛めるから。

[愛知県/38歳女性]

自分でやっても無駄なので、できるだけ早く接骨院で治療してもらいます。

[茨城県/38歳男性]

3番目に多かった回答は、「接骨院・マッサージ・ストレッチ店に行く」という回答で、約10%でした。「自分でストレッチなどをしても、適切にできない」と感じる方も多い傾向です。さらに、マッサージは手の届く範囲しかできないことから、「最初から専門の人に依頼をしたほうがよい」と感じている方が多かったです。また、素人が無理にしてしまうと、逆に体を痛めてしまう恐れがあるので、「自己対応をしないで接骨院やお店に行くようにしている」という意見もありました。

まとめ

体がバキバキの状態になっているというのは、体が黄色信号を出している状態です。このまま放置してしまうと、さらに症状が悪化して不調の原因となってしまうことでしょう。そのため、早めに体をほぐすことが必要です。ただ、体がバキバキになっている状態は、まだ接骨院などの必要性が少ないタイミングと言えます。そのため、非常に多くの方が「自分自身で対処する」ということを選ぶようです。ストレッチは、手軽に筋肉を延ばすことができるので体が堅くなったら、まずやってみるということが多いでしょう。最近では、書籍やネットなどで、症状別に効果のあるストレッチ法なども簡単に調べることができます。

また、「湯船につかる」という回答も多かった理由は、やはり自分自身で処置することができるからでしょう。お風呂に入ることで体を温めて、温熱効果による筋肉のほぐしを期待している方が多いです。お風呂は毎日入る人も多い傾向のため、「普段よりも少し長めに入って、マッサージなどをしながら筋肉をほぐす」という回答が多かったです。

「自分自身で処置する」という回答が、75%を超えているものの、約10%の方は初期段階から接骨院やマッサージ、ストレッチ店に行くという意見もありました。ストレッチや入浴中のマッサージなどは、非常に高い効果を得られることが期待できます。しかし、あくまでも素人的な対応となるため、適切な効果を実感できなかったり、最悪の場合は症状を悪化させてしまったりする恐れもあるでしょう。

取り返しのつかない状態になるリスクがあるのならば、最初から専門家にお願いしたほうがいいと考える人も多いようです。たいした症状でないからと、遠慮してしまう方も少なくありませんが、初期段階で予防できることから、適切な方法であるともいえるでしょう。

関連記事

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】接骨院や整体に初めて通ったきっかけは何ですか?

【2018年度版】出産後、出産前の体に戻ったと感じたのはどのくらいですか?

【2018年度版】出産後、出産前の体に戻ったと感じたのはどのくらいですか?

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】行きつけの接骨院を変えた理由を聞いてみました!

【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

【2018年度版】100名調査 / ぎっくり腰はどのくらいで治りましたか?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。