>  > 広告媒体の種類のそのメリット・デメリット

広告媒体の種類のそのメリット・デメリット

広告媒体の種類のそのメリット・デメリット

何かを宣伝したいときに広告は欠かせないものです。

私達は日常的に様々なかたちで広告を目にしていますが、実はその広告は目的に応じて使い分けられています。

その広告媒体はおおまかに「マス媒体」、「SP媒体」、「インターネット媒体」の3つに分けられます。

その広告媒体の種類ごとに、メリット・デメリットをご紹介します。

 

 

「マス媒体」

「マス媒体」は、情報が届く人数や層が圧倒的に多く、ブランディングに効果的な媒体です。

 

この媒体は「4マス媒体」とも呼ばれており、

・TV

・ラジオ

・新聞

・雑誌

に載せる広告のことを指しています。

 

 

TVCM

メリット

・映像であるため、影響力、ブランディング力が強く、イメージを伝えやすい

・繰り返し放送されることで記憶に残りやすい

・伝達速度が速いため、新商品の告知やキャンペーンに向いている

 

デメリット

・録画機能によりCMが飛ばされてしまったり、そもそもリアルタイムで見てもらえない

・制作してから放送されるまでが長い

・コストがものすごくかかる

・広告に対する直接的な売上や効果の可視化が難しい 

 

ラジオCM

メリット

・CMが飛ばされにくい

・局に合わせ地域密着型の配信が可能

・TVCMよりもローコストで、制作期間も短い

・リスナー層に合わせ、ターゲットを絞るのが楽

 

デメリット

・音声のみのため、イメージが伝わりにくい

・聞き流される可能性がある

・リスナーが限られてくるので情報が届く層が狭い 

 

新聞広告

メリット

・新聞自体が社会的な信頼度がとても高い媒体であるため、購読者からの信頼を得やすい

・制作から掲載までの期間がとても短いため、タイムリーに広告を掲載できる

 

デメリット

・新聞の媒体価値が1日しかないため、再読率が低い

・色やデザイン性は他の媒体に劣る

・購読者数が年々減少しており、年齢層が高いため偏りが生じる 

 

雑誌広告

メリット

・雑誌ごとにターゲットを絞りやすく、購読者からの信頼は高い

・媒体価値が長期に渡るため、再読率が高い

・写真をたくさん使うため、イメージを伝えやすい

 

デメリット

・制作してから掲載されるまでが長い

・読み飛ばされる可能性がある

・最初から雑誌ごとにターゲットを絞るため、潜在顧客の発掘が難しい

 

 

 SP媒体 

「SP」とは「セールスプロモーション」の略です。

「多くの人に商品を買ってもらいたい」、「サービスを知ってもらいたい」と考えている場合に、SP媒体を使用することが効果的です。

 

SP媒体は主に、

・屋外広告(看板)

・交通広告(駅や電車などに掲載されている広告)

・折込チラシ

・DM

・フリーペーパー

・POP

・キャンペーンイベント

などがあります。

 

メリット

・マス媒体よりもコストがかからないため、中小企業や個人事業主でも手を出しやすい

・他媒体との組み合わせで宣伝しやすい(例:チラシ・DMからwebサイトに誘導)

・費用対効果がわかりやすい(例:DM・メールマガジンからの顧客の獲得)

 

デメリット

・一度作成したものを修正するのに時間がかかり、その際に再印刷費など費用が発生する

・ニーズがある見込み顧客だけに宣伝するのが難しい

 

 

インターネット媒体 

インターネット媒体は、近年のインターネットやスマートフォンの普及により急速に拡大している広告媒体です。

 

インターネット媒体の種類は様々なものがあり、主たるものとしては以下のようなものがあります。

 

リスティング広告

検索エンジンの検索結果ページに、検索されたキーワードと関連性の高いサイトを有料で上位に表示できる広告手法

純広告

サイト内で決められた枠を一定期間買い取り、テキストやバナーなどで広告を掲載

 

アフィリエイト広告

成果報酬型の広告で、その広告を通してアクションが発生した際に費用が発生する広告手法

ネイティブ広告

SNSやニュースサイトなどで、記事やフィードに混じって自然な形で表示される広告手法

SNS広告(LINEやTwitter、Facebookなどを通して、ソーシャルメディアへ情報を広める仕組みを備えた広告手法)

LINEやTwitter、Facebookなどを通して、ソーシャルメディアへ情報を広める仕組みを備えた広告手法

 

メリット

ユーザーがSNSに登録しているプロフィール情報などから、出稿先のセグメントを細かく設定できるので、より届けたい層を狙って表示させられる。

 

デメリット

しっかりPDCAを回せる体制が整っていないと、出しっぱなしで費用対効果が得られない可能性が高い。

 

動画広告

Youtubeなどの動画サイトで動画の再生前や視聴中に表示される「インストリーム動画広告」、従来のバナー枠に表示される「インバナー動画広告」、ユーザーがWebページをスクロールし、動画広告の画面が表示されると再生開始される「インリード動画広告」などがある。

参考:

https://www.41web.jp/blog/2016/05/20/51

 

メリット

・インパクトが強く、ユーザーの興味を惹きつけられる。

・再生回数やクリック数で課金されるケースが多く、事前に費用対効果を把握しやすい。

 

デメリット

・広告用の動画制作にかかる費用コスト・時間コストが大きくなりやすい。

・ユーザーに視聴してもらうために時間を必要とする。

 

 

広告にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

何かを宣伝するときは、一度自分にはどの広告媒体があっているか考えて、効率的な宣伝を行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

開業時のポスティング広告はどのくらい効果があるのか?

開業時のポスティング広告はどのくらい効果があるのか?

【経営者向けビジネス書】物販の売り上げを伸ばすために読んで欲しい本

【経営者向けビジネス書】物販の売り上げを伸ばすために読んで欲しい本

接整骨院、鍼灸、あんマ等治療院経営者の方は必見!ビジネスカードのメリットをご紹介

接整骨院、鍼灸、あんマ等治療院経営者の方は必見!ビジネスカードのメリットをご紹介

検索上位表示を狙え!Googleマイビジネスの登録方法

検索上位表示を狙え!Googleマイビジネスの登録方法

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。