>  > 接骨院業界でも経営の勉強会は行われている!

接骨院業界でも経営の勉強会は行われている!

接骨院業界でも経営の勉強会は行われている!

近年、街のいたるところで接骨院が見られるようになり、場所によっては何店舗も密集しているような地域も少なくありません。これだけ開業する人が多いということは、需要が多く利益が見込める業界だと思われがちですが、実際の経営は簡単ではないようです。そんな業界だからこそ、接骨院の経営者を対象に、経営の勉強会が行われています。経営が厳しいといわれる業界で生き残るために、ぜひ参考にしてみてください。


「施術者かつ経営者」にならなければならない大変さ

接骨院を開業される方の多くは、施術者かつ経営者にならなければならない状態でしょう。開業前は開業場所や資金についてさまざまな疑問も多く、開業後も保険請求や業界のノウハウについて学ばなくてはいけません。

さらに昨今では、保険請求の適正化やライバル店の急増などが影響し、整骨院・接骨院を取り囲む環境は年々厳しくなっているといえます。経営に関しても健康保険の厳しい取扱いや、時代によって変わるお客様のニーズに応えるサービスの提供を行う必要があります。施術を行いながら経営方針を考えたり、需要の調査や分析、それに応じたメニューの改正などを行ったりするのは非常に困難といえるでしょう。


ライバル院が溢れる昨今は経営面で苦しむことが多い

2000年に行われた裁判により、接骨院の国家資格を育成する学校の規制が緩和されました。そのため、それまで全国に10校ほどしかなかったこれらの学校が10倍近く急増し、全国に接骨院の開業資格を持つ有資格者が増えています。2000~2010年の間に有資格者になった人たちが働き盛りの30代くらいになった近年、長年の夢であった開業を次々行っているため、街のあちこちで接骨院を見かけるようになりました。

規制緩和された2000~2005年までは、儲けが出やすい業界であったようです。しかし、毎年これまでの数十倍という数のライバル店が開業している今、経営面で苦しむ方も多く非常に厳しい業界になっているといえます。実際、厳しい経営を脱却するために保険額の不正請求を行い、摘発されてしまう接骨院が増えるなどの事態も多く発生しています。

現在では国が定める請求額も次第に減っており、廃業数と新規の開業数がほぼ同数程度になっているようです。



セミナーに出て、経営面を学ぶのも一手

接骨院の経営に関しては、保険制度やお客様からの需要などの影響で、目まぐるしく変化している業界と言えます。開業のピークは過ぎているとはいえ乱立が続いている接骨院業界で数年先も生き残るためには、経営のコンサルティングを受け、経営面を学ぶ機会を設けるのも一手でしょう。

昨今、全国の開業者を対象に、接骨院の業績アップを目的としたセミナーが行われています。参加者同士の成功事例を共有したり、各分野の専門家によるコンサルティングが行われたり、経営者にとって大きなプラスになる内容となっているようです。

ホームページやブログ、SNSを通じた集客方法や、お客様のニーズを常に調査・分析を行うなど時代に合わせて集客方法や経営方針を変更する必要がある時代と言えます。しかし、経営者同士が集まり情報交換や経営について語り合う機会は非常に少ないようです。同業者同士、互いに刺激を受け合うことで自身の接骨院の成長につなげてみてはいかがでしょうか。

***

接骨院業界で年々ライバル院が増えている理由や、セミナーで経営面を学ぶメリットなどをご紹介しました。施術者かつ経営者にならざるを得ない大変な業界だからこそ、時代のニーズに沿った経営方針や集客方法などを常に把握しておく必要があります。学習と刺激の機会を設け、接骨院業界でライバル店に差をつけ数年先も生き残るために、セミナーを活用してみてください。

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



セミナー