>  > 介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

機能訓練指導員は、老人ホームやデイサービスに必ず1人は配置することが決まっているスタッフのことを言います。機能訓練指導員を専門的に行うスタッフなので、知識やある程度のキャリアが必要です。

現代は高齢化社会となっており、機能訓練指導員などの職業も注目を集めています。将来的に考えている方のために、今回は機能訓練指導員の実情とキャリアについてご紹介します。

機能訓練指導員の魅力・やりがいとは?

機能訓練指導員のやりがいは、高齢者を支えられることです。機能訓練指導員の主な役割としては、老年症候群と言われる症状への早めの対策が挙げられます。高齢者は若者と違い、転倒することで骨折のリスクが高かったり、身体機能の低下が起きたりなど、様々な機能障害リスクがあります。こういった状態に悩まされている高齢者のために、機能訓練指導員はリハビリのお手伝いをして、高齢者の機能回復のお手伝いをするのです。そのため、高齢者が元気で生きられる世の中にしたい人には向いている職業でしょう。

また、常に考える仕事なので、それをやりがいと感じる方も多いです。例えば、高齢者は一人ひとり症状が異なります。どうすれば歩けるようになるか、手足をうまく使えるようになるかを常に考えます。考えた結果が高齢者の回復に繋がれば、やりがいとなるでしょう。


機能訓練指導員と柔道整復師の仕事内容と年収の違い

機能訓練指導員と柔道整復師はよく間違われることがある職業ですが、具体的に仕事内容と年収はどのように違うのか見ていきましょう。

柔道整復師は、簡単に説明すると接骨師あるいは整骨師と呼ばれる職業で、骨や関節、筋や腱、じん帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲や捻挫などを治すための仕事です。必ずしもなれる職業というわけではなく、国家資格を取得しなければ就職することはできません。

一方で、機能訓練指導員は柔道整復師のように国家資格は必要ない仕事です。しかし、機能訓練指導員として活躍している人のほとんどは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師などの資格を取得しています。実際に多くの老人ホームやデイサービスでは、無資格の人を募集している求人はほとんど存在していません。機能訓練指導員の具体的な仕事内容は、個別機能訓練プログラムの立案や、個別リハビリ、生活リハビリなど、主にサポート業務です。

柔道整復師の年収は、経験などによっても異なりますが、平均は350万円から400万円程度と言われています。

機能訓練指導員の年収は、平均して約300万円から400万円です。


機能訓練指導員としてのキャリアアップ方法



機能訓練指導員としてキャリアアップするための方法は様々です。例えば、機能訓練指導員として働いている人の中には、柔道整復師の資格を取得している方も多いでしょう。柔道整復師は開業権があるので、デイサービスを立ち上げるなどして独立することも可能です。

また、ある程度キャリアを積めば、主任や施設長という立場を目指すこともできます。

このように、機能訓練指導員について紹介しましたが、高齢化社会において大切な職業です。やりがいや魅力もたくさんあるので、人気を集めています。しかし、機能訓練指導員として就職するためには、柔道整復師などの資格の取得も検討した方が就職に有利となるでしょう。キャリアアップも目指せる職業なので、興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



セミナー