>  > 利用者目線になる!柔道整復師(整骨院・接骨院)の健康保険扱いの知識

利用者目線になる!柔道整復師(整骨院・接骨院)の健康保険扱いの知識

利用者目線になる!柔道整復師(整骨院・接骨院)の健康保険扱いの知識

整骨院には、医院とは違った健康保険の扱いがありますが、患者にとっては健康に関わる場所として変わりなく認識されている場合があります。そのため今回は、健康保険扱いの知識について、患者の視点に立ってご紹介していきます。分かりづらいポイントを明確にすることで、利用されやすい整骨院を目指しましょう。


健康保険が使える施術

健康保険は、整骨院で対応する全ての施術に使えるわけではありません。整骨院で扱う施術の中で健康保険が使える最も多いケースは、捻挫や打撲、挫傷によるものです。

更に、応急手当として認められた場合のみ、骨折や脱臼、不全骨折などにおいても保険適用が認められます。応急手当の後に必要な施術の場合は、医師の同意が必要です。基本的に、柔道整復師の扱う健康のための施術は上記の場合のみとなっており、そのほかの施術に関しては自己負担となっています。

「整骨院で健康保険が適用される施術内容は意外と少ない」ということを、知識のない患者にはしっかりと事前に伝えておくことが、のちのトラブルを防ぐことにつながるでしょう。


健康保険が使えない施術

日常生活で生じる肩こり、腰痛やスポーツによる筋肉疲労に対する施術は、自己負担となります。これらは応急手当の必要な症状ではなく慢性的なもののため、マッサージは医療行為として認められません。

また、内科的な原因が考えられる疾患や、整形外科で治療や投薬を受けている場合の副次的来院に関しても、健康保険の対象外となります。医療機関の重複来院については、あくまで自己負担での来院としてカウントされることを、心にとどめておきましょう。

長期的な施術にあたる通院や、過去のケガによって傷みはじめたものなどに対する施術も健康保険対象外です。そのいずれも、「緊急性を要さない点」が共通しています。


整骨院として知っておきたい施術を行うときの注意点

先に紹介したように、健康保険が適用できるかどうかは、負傷の原因やタイミングに大きく左右されます。したがって、患者からは事前に患部に関する情報をヒアリングし、間違いのないよう徹底しましょう。

特に、負傷の原因が交通事故などの場合は、協会けんぽなどへの連絡、並びに整形外科の医師との確認などの手続きが必要になります。これらは基本的に患者の役割となりますが、患者が理解していない場合は、整骨院側でサポートすることによってスムーズな流れを作ることができるわけです。

また、療養費支給申請書を利用する場合は、委任に関する欄の確認を患者と行いましょう。患者に領収証を渡すことで、患者側は金額の相違なく施術を受けることができます。こういった諸々の手続きについて、整骨院の方で施術前に患者に簡単な流れと申請有無を確認しておけると、患者の不満やトラブルを発生させることなく施術を行えます。

健康保険は、患者の視点から見れば療養費に関わる大きなポイントです。患者側には意外と知られていない、整骨院の健康保険適用事情を広めるとともに、双方が納得した形で施術に当たれるよう心がけてください。

関連記事

中卒でも柔道整復師の資格を取得することはできる

中卒でも柔道整復師の資格を取得することはできる

「柔道整復師」を目指す人の為の3つのよくある疑問

「柔道整復師」を目指す人の為の3つのよくある疑問

柔道整復師の教育カリキュラムが変わるかも…これからはエコーの時代か?

柔道整復師の教育カリキュラムが変わるかも…これからはエコーの時代か?

柔道整復師資格を取って、スポーツトレーナーになるには?

柔道整復師資格を取って、スポーツトレーナーになるには?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



セミナー