>  > 黒字経営をしていきたい!整骨院の「単価アップ」と「経費削減」への取り組み

黒字経営をしていきたい!整骨院の「単価アップ」と「経費削減」への取り組み

黒字経営をしていきたい!整骨院の「単価アップ」と「経費削減」への取り組み

「単価アップ」は物販と追加メニューで攻める

単価アップの方法のひとつとして挙げられるのは、物販と追加メニューで攻めることです。物販には、まくらなどを挙げるができます。まくらを単体で販売するのではなく、施術メニューと組み合わせることで、単価アップを期待できます。実際に、現在では睡眠に悩みをかかえている患者さんも多くいるため、需要は低くありません。また、まくらはモノとして患者さんの手元に残るので、サービスに満足してもらえる可能性があります。

コースメニューを追加して単価アップを図ることもできるでしょう。例えば、針とマッサージを組み合わせたコースメニューや、針とレーザーコースを組み合わせた施術メニューなどを追加することで、単価をアップさせることができます。


「経費削減」は固定経費の見直しで攻める

整骨院の主な経費には固定経費と変動経費がありますが、固定経費を見直すことで効率的に経費削減を期待できます。固定経費には、家賃や賃借料などがありますが、すべての固定経費を削減することは難しいです。

例えば、家賃や賃借料は、その土地や建物の持ち主と更新時に交渉しなければならないので、更新時がまだ先の人は交渉すらできないでしょう。また、給料賃金費や損害保険料を節約することも簡単ではありません。しかし、通信費や水道光熱費、販売費は即座に見直すことができます。

通信費として挙げられるのは、電話やインターネットの料金です。電話料金は、ほかの通信会社と契約することで、今契約しているところよりも安くできる可能性があります。また、インターネットは通信速度が遅いプランにすることで節約できます。

水道光熱費を節約するためには、こまめに電気を消して勤務中に節約を意識することで今までよりも負担を下げられる可能性があります。

販売費は、ウォーターサーバーなどです。契約を解除したり見直したりすることで、経費削減ができるでしょう。


患者も従業員も気持ちいい形で黒字を増やしましょう

黒字経営を目指すために、単価アップや経費削減を検討している整骨院の経営者もたくさんいますが、患者さんや従業員のことを考えずに単価アップや経費削減をすると、かえって経営に影響を与えます。

既存のメニュー料金を上げてしまうと、患者さんの中には金銭的負担が大きく、利用できなくなってしまう方もいます。また、経費削減をし過ぎると、従業員が働きづらい環境になってしまう可能性もあります。

黒字経営を続けることは重要ですが、患者さんが気持ちよく通えるように、そして従業員が楽しく働けるように黒字を増やすことが重要なのです。

整骨院を長く続けていくためには、黒字経営が必要不可欠となります。黒字を増やすことで、経営している整骨院をさらに大きくすることもできるでしょう。ただし、従業員や患者さんのことを優先に考えることも重要です。今回ご紹介した内容を参考に、患者さんや従業員が気持ちよく過ごせる黒字の整骨院づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

プロに依頼しなくても大丈夫!写真撮影はちょっとしたコツで劇的に変わる

プロに依頼しなくても大丈夫!写真撮影はちょっとしたコツで劇的に変わる

メルマガや予約システムに革命が起こるかも…!接骨院・整骨院で「LINE@」を活用

メルマガや予約システムに革命が起こるかも…!接骨院・整骨院で「LINE@」を活用

訴訟につながることも…整骨院の恐ろしいトラブル

訴訟につながることも…整骨院の恐ろしいトラブル

【PR】整骨院・鍼灸院での売上増実績多数!美カフェの効果と物販例のご紹介!

【PR】整骨院・鍼灸院での売上増実績多数!美カフェの効果と物販例のご紹介!

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。