>  > 柔道整復師の就職先は大きく4つに分かれる!それぞれの仕事内容とやりがいを比較

柔道整復師の就職先は大きく4つに分かれる!それぞれの仕事内容とやりがいを比較

柔道整復師の就職先は大きく4つに分かれる!それぞれの仕事内容とやりがいを比較

柔道整復師としてどのようなキャリアプランを立てていますか?柔道整復師と一言で言っても、患者となる対象は就職先によって異なります。具体的な就職先や仕事内容を比較することで、あなたが最も働きたい場所を検討してみましょう。


病院/接骨院・整骨院の仕事内容とやりがい

病院と接骨院・整骨院で大きく異なるのは、業務内容です。病院内での勤務では、医師や理学療法士の指示をもとにリハビリを行います。病院での勤務では、看護師や医師などとのコミュニケーションがあり、さまざまな知識を吸収できます。また、勉強会を定期的に行っている病院もあります。

整骨院では、直接患者さんとやりとりし、感謝される存在として地域に密着する点が病院と異なります。医師を介する場合に比べて、患者との関係がより深くなることが多いようです。

施術を通じて患者さんと触れ合えることは共通ですが、職場から知識を学び続けることに重点を置くか、人間関係を基軸とした働き方に重点を置くかによって、どちらの職場が魅力的かを判断すると良いでしょう。


スポーツトレーナーの仕事内容とやりがい

スポーツトレーナーには、アスリートの体づくりを担当するトレーナーと、損傷などに対してケアをするトレーナーがいます。

体づくりをサポートするトレーナーの場合、筋肉や内臓機能に対する深い知識をもとに、アスリートのトレーニングや日常生活に指示を出します。専門性と人間関係が不可欠となるため、アスリートと個人契約する場合もあります。試合での怪我や骨折などの経過に対応するトレーナーは、運動療法・物理療法に対する知識を備え、アスリートの復帰を手助けするとともに、損傷で発生するダメージを最小限に抑えます。

いずれもアスリートと密接に関わり、スポーツの結果にコミットする働き方として、スポーツに関心のある人にとっては大変やりがいを感じる職業と言えるでしょう。


機能訓練指導員の仕事内容とやりがい

機能訓練指導員は、介護の領域で高齢者の自立した生活をサポートする仕事をします。個々の高齢者が持つ体力や身体機能の評価を行い、その上で必要なトレーニングをマネージメントします。

機能訓練指導員は高齢化社会において需要があり、将来性のある職業です。膨らみ続ける医療費や介護費の削減にもつながる高齢者の自助力向上のサポートは、社会貢献という点から見てもやりがいを感じるのではないでしょうか。


ケアマネジャーの仕事内容とやりがい

機能訓練指導員よりもさらに高齢者に寄り添い、ライフプランそのもののマネージメントをしていく立ち位置となるのがケアマネジャーです。ケアマネジャーになるためには、介護保険制度における資格を取得する必要があるため、年収も大幅に上がります。条件は、柔道整復師を含む法定資格を所持している上で、5年以上の実務経験を有することです。試験も難易度が高く、合格率は2016年度時点で13.1%と低迷しています。

ケアマネジャーは、総合的なケアプランの管理を行い、介護関連の業者と高齢者との仲介役となる職業です。高齢者のニーズや給付金の現状を把握し、最適なプランを提案します。このような業務には、複合的かつ専門的なスキルが必要とされ、実務経験が重視されます。

高齢者の余生そのものを管理すると言っても過言ではないケアマネジャーは、高齢化社会において必要不可欠な存在となるでしょう。

関連記事

「柔道整復師」を目指す人の為の3つのよくある疑問

「柔道整復師」を目指す人の為の3つのよくある疑問

柔道整復師の教育カリキュラムが変わるかも…これからはエコーの時代か?

柔道整復師の教育カリキュラムが変わるかも…これからはエコーの時代か?

現場に出たての新人柔道整復師がぶつかりがちな壁

現場に出たての新人柔道整復師がぶつかりがちな壁

柔道整復師資格を取って、スポーツトレーナーになるには?

柔道整復師資格を取って、スポーツトレーナーになるには?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。