>  > 高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

柔道整復師を目指す人の中には、「柔道整復師としてどのような場所で働いていくことができるのか気になる」という方もいるでしょう。現在では昔に比べて活躍できる場所は増えています。その場所とは、介護の現場です。

高齢化社会の日本ではお年寄りをサポートする必要があり、介護施設が昔よりもずいぶん増えています。その介護施設で柔道整復師が働くことは、決して珍しい光景ではありません。

今回は、高齢化社会における整骨院の役割、ケアマネジャーや機能訓練指導員としての柔道整復師をご紹介しますので、柔道整復師を目指す人はぜひ参考にしてください。


高齢化社会における整骨院の役割

介護保険制度により、柔道整復師は介護が必要な高齢者に機能訓練を行えるようになりました。そのため、介護士と同じ様に、整骨院が高齢化社会で担う役割は大きなものとなっています。

お年寄りが健康な身体で生活をするためには、運動機能を維持することが求められます。年を重ねると自然と衰えるため、第三者のサポートが必要です。地域の整骨院がお年寄りに対して、一次予防、二次予防、早期生活機能復帰を行うことで、運動機能をお年寄りが維持しやすくなります。

一次予防は早期発見、第二次予防は早期介入を意味します。早期に運動器疾患を見つけることで、重症化しないように予防ができます。早期生活機能復帰は、整骨院が施術を行うことで、復帰困難な状態にならないようにサポートできるのです。

お年寄りが長く健康に生きるために、運動機能の維持は重要であり、高齢化社会において整骨院に大きな役割があることは言うまでもないでしょう。


ケアマネジャーとしての柔道整復師

高齢化社会における柔道整復師の役割が大きいとは言え、介護の現場で活躍するためには、介護福祉におけるある程度の知識が必要です。そのため、柔道整復師の中にはケアマネジャーという資格を取得して、介護の現場で働く人もいます。

ケアマネジャーは、要介護者の自立を支援するために計画を立てる仕事を担います。介護の資格の中でも、ケアマネジャーの難易度は高いですが、柔道整復師は受験しやすくなっています。柔道整復師は法定資格になるので、5年の実務経験があればケアマネジャーの受験資格を得られます。試験に合格すれば、柔道整復師でありながらケアマネジャーとして働くことができるのです。


機能訓練指導員としての柔道整復師

ケアマネジャーとは違い、機能訓練指導員は柔道整復師の資格があればなることができます。そのため、柔道整復師が機能訓練指導員として働くことは珍しくありません。機能訓練指導員は現在、介護や医療現場で活躍しています。主な仕事内容は、高齢者の筋力トレーニングや関節拘縮予防などです。

機能訓練指導員には、お年寄り一人ひとりに合わせてリハビリをしなければなりません。また、高齢者のご家族とお話して、希望の施術をお伺いすることも必要です。そのため、お年寄りの身体能力がどのぐらいあるのか判断する力や、コミュニケーション能力が求められます。

近年、柔道整復師は介護の現場で必要とされる人材なため、高齢化社会における役割が注目されています。柔道整復師を目指している人は、資格を取得し介護の現場に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

ケアマネ有資格者は引く手数多!ケアマネージャーになるまでの流れ

ケアマネ有資格者は引く手数多!ケアマネージャーになるまでの流れ

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ