>  > 「整骨院・接骨院」の外観を整備して集客対策に取り組みましょう!

「整骨院・接骨院」の外観を整備して集客対策に取り組みましょう!

「整骨院・接骨院」の外観を整備して集客対策に取り組みましょう!

整骨院を営む方の多くが施術内容や院内には気を配りますが、外観の整備に関しては意外と怠りがちです。院の外観は集客に直接関わる大切な要素と言っても過言ではありません。今回は、整骨院のオーナーが気を配る外観のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


イメージが人に与える影響は大きい

顧客を店舗に集客するスタイルのビジネスを行う場合、全体のイメージを清潔かつ印象よく保つことは収益に大きな影響を及ぼします。

整骨院もその例に違いはありません。予約ラボが2016年に実施した整骨院への来院に関わるアンケートでは、50.9%の来院者が自宅や職場から近い整骨院・接骨院を選んでおり、51.8%が家族や知人、職場の人からの口コミで来院を決めています。

院周辺のコミュニティに密接に関わる集客の現状を鑑みれば、院の前を通る人々へ訴求できる外観がいかに重要であるか分かります。また、口コミが集客の最たる導線であるならば、口コミを広めてくれる新規顧客を集客する施策が必要です。院内の施術への評判を高めることはもちろんですが、新規の方が来やすい外観を整備することも大切なのです。


やはり「外観」は最優先事項

整骨院のイメージを左右する一番のポイントは外観です。外観は、院の前を通るターゲット層の人々に院内の印象を伝える一番の要素となります。

外観で意識したいのは、「来院したくない」と思われてしまうようなポイントを残さないことです。たとえば、看板が汚れていたら、院内がいくら清潔でも不潔な印象を与えるでしょう。また、整骨院であることが分かりにくい名称や読みにくいロゴだと、来院したい顧客に訴求することができません。

院の前の掃除も忘れずに

院の前の掃除は、日々のルーティーンとして取り組む必要があるでしょう。もしも院の前にゴミや落ち葉などが散らばっていたら、来院したい人への印象が悪くなってしまうからです。そのため、院の前の掃除はオープン前の時間で行い、オープン準備も含めて間に合うようあらかじめスケジュールに組み込んでおきましょう。

また、駅前通りなど人通りの多い場所での開店であれば、自転車の路上駐輪やゴミのポイ捨てなどへの対策が必要でしょう。開業場所によって院の周辺で想定しうる、印象を悪くする対象はそれぞれです。院内だけでなく、外観・周辺に対しての意識を忘れず、定期的に汚れや落ちているものを観察して、常に清潔な状態を保ちましょう。

このように、整骨院の外観を整備することで、新規顧客層に対する店舗を活かしたPRが可能です。投資はある程度必要ですが、インターネット上での継続的なコンテンツの発信や映像などのプロモーション素材を制作するよりも遥かに低コストなプロモーションが可能になります。
毎日の掃除から、イメージアップにつながる施策を企画してみましょう。

関連記事

【会話術】感情を使って会話を活き活きさせる方法

【会話術】感情を使って会話を活き活きさせる方法

今後の整骨院業界を生き残る秘訣とは?

今後の整骨院業界を生き残る秘訣とは?

整骨院の開業コンサルタントに聞く、柔道整復師会に入るメリットとは?

整骨院の開業コンサルタントに聞く、柔道整復師会に入るメリットとは?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ