>  > 整骨院の機器はリース契約と購入ではどちらがお得?

整骨院の機器はリース契約と購入ではどちらがお得?

整骨院の機器はリース契約と購入ではどちらがお得?

整骨院をオープンするためには、施術に必要な機器を準備しなければなりません。その機器の準備には、「リース契約」と「購入」という2つの選択肢があります。ただ、整骨院の運営方針や資金によって、リース契約と購入どちらが良いかは変わってくるのです。そこで今回は、リース契約と購入、どちらがお得なのかご紹介します。


購入のほうが総合的に見たら安上がり

価格がお得なのは、機器を購入する方法です。整骨院の機器は専門分野の商品となるため、現金購入の場合値引きしてくれる業者もいるからです。そのため、資金的な準備ができている場合、購入する方がお得といえます。

リース契約の場合、原価に加えて一定の手数料や利子が発生します。月々に分割して金額を支払える分、総合的な金額は高くなってしまうのです。

契約期間中は、機器使用がなくなっても解約できない点がリスクになります。リース業者によりますが、違約金が発生する、満了期間まで料金を支払うなどの無駄な出費が増えてしまうでしょう。

資金調達がままならない場合はリース契約を選択する必要がありますので、事前に契約内容をくまなく確認することをおすすめします。


リースだと入れ替えが可能

リース契約のメリットは、機器の入れ替えが可能であることです。医療機器は日進月歩で開発が進んでおり、整骨院で利用する機器も新しいモデルが次々と発売されています。

常に新しいモデルの機器を取り入れることで、患者さんの満足度を高める効果や、院のPRにつながる効果が期待できます。また、機器の新規性は整骨院の清潔感やイメージを作ります。そして、機器を入れ替えることは、プロモーションの観点からも大きなメリットと言えるでしょう。したがって、消耗の激しい機器はリースを選択することをおすすめします。購入した機器は、買い替えの際に再び大きな資金投資が必要になるからです。

ちなみに、リース契約した機器のリース料金は事務経費として毎月経理処理できることが魅力です。購入すると、減価償却などの細かい手続きが必要になりますので、経理処理の簡易さを求めるならばリース契約がおすすめといえます。


自己資金や機器の性質について検討して動きましょう

購入とリース契約の選択で最も重要なポイントは、自己資金での購入が可能かどうかです。現時点の購入金額の有無だけでなく、今後の売上目途も含め、購入可能かどうか検討しましょう。もしも十分な利益を期待できるのであれば、購入したほうがお得です。

新しいモデルが頻繁に入れ替わる機器や、新規性がPRの手段となる機器については、リース契約したほうが費用を抑えることができます。また、自己資金での負担が可能かどうかは、機器そのものの価格帯にもよるため、高価な機器であればリースを選択するのも1つの方法です。リース契約の場合は手数料や利子の計算をし、一定の期間でどれくらいの利用数があれば費用対効果を得られるのか、計画を立てましょう。

購入とリース契約のどちらが良いかは一概に言い切れません。それぞれの整骨院が求める機器の種類や、来客数、プロモーション方法などによって条件は変わります。

価格という点で見れば購入がお得ですが、長期的な運営目途や効果なども含めて十分検討するよう心がけてください。

関連記事

新規オープンはじめの一歩!開設する場所・土地の賢い選び方

新規オープンはじめの一歩!開設する場所・土地の賢い選び方

開業に向けた手続きは大変…そんなとき手伝ってくれる専門家

開業に向けた手続きは大変…そんなとき手伝ってくれる専門家

開業準備が整ったら「プレオープン」で体験会を実施しよう

開業準備が整ったら「プレオープン」で体験会を実施しよう

【PR】複合商業施設のメリットと物件情報

【PR】複合商業施設のメリットと物件情報

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ