>  > 柔道整復師資格を活かせる職場・職業

柔道整復師資格を活かせる職場・職業

柔道整復師資格を活かせる職場・職業

柔道整復師資格を取得すると、どのような働き方ができるのでしょうか。柔道整復師資格を活かせる職場・職業について知っておきましょう。

 

 

整骨院勤務が多い

柔道整復師資格取得後の職場として最もスタンダードな存在といえるのが、整骨院です。整骨院が出している求人広告の多くは、柔道整復師の有資格者を対象、もしくは優遇しています。いわゆる「ほねつぎ」のエキスパートとして、顧客の脱臼、打撲、捻挫などケガの治療に対応することになるでしょう。

また、柔道整復師資格取得後は整骨院の開業権も与えられるため、自分の整骨院をオープンする有資格者も少なくありません。経営の手腕に自信があれば、こちらを選んでもいいでしょう。


整形外科に勤めるパターンもある

柔道整復師資格を活かし、医療機関で勤務するパターンもあります。一般的なのは、整形外科で患者さんのリハビリテーションを担当するケースです。患者さん本人が持っている自然回復力を運動機能の改善から高めていくリハビリを行います。

同じようにリハビリに従事することの多い理学療法士に比べると、柔道整復師がリハビリを担当するケースは多くありません。一般的には「整骨院なら柔道整復師、リハビリなら理学療法士」というように、目指す職種によって有利な資格が違うと考えられているようです。一方で、柔道整復師は整形外科のリハビリテーション科に勤務し、理学療法士や医師をチーム医療に取り組んでいる例もあり、優位性を一概に決めることはできません。


介護関連、スポーツ関連の道もある

介護関連の道に進む柔道整復師有資格者もいます。機能訓練指導員の職種は柔道整復師の資格が活かされるため、有資格者には大きなアドバンテージがあります。また、機能訓練指導員として経験を積んだのち、ケアマネージャーになる方の多いようです。

スポーツが好きな有資格者は、スポーツトレーナーとしての道を進むこともあるようです。就職にはタイミングと人脈の要素が関係してきますが、柔道整復師の資格は役に立つと考えられているようです。柔道整復師からスポーツトレーナーになり、有名選手や有名チームに帯同するトレーナーになった例もあります。

 

この他にも柔道整復師の資格が活かせる職場はあります。多くの職場で必要とされているということは、それだけライフスタイルの選択肢があるということ。柔道整復師の資格取得から、ご自分に適したライフスタイルが送れる職場を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

スポーツトレーナーとして柔道整復師資格を活かすには?

スポーツトレーナーとして柔道整復師資格を活かすには?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



セミナー