>  > 【経営者に聞いた!】売上の中で最も多くの割合をしめるのはどんな患者さん?

【経営者に聞いた!】売上の中で最も多くの割合をしめるのはどんな患者さん?

【経営者に聞いた!】売上の中で最も多くの割合をしめるのはどんな患者さん?

接骨院・整骨院を運営し続けるためには、一定の売上を確保することが重要です。しかし、「他の接骨院・整骨院の売上の割合を知りたいけど、知る機会がない…」というのが実際のところではないでしょうか。< そこで今回は、接骨院・整骨院の経営者の方にアンケートを実施し、売上の中で最も多くの割合を占める患者さんのデータを収集しました。ご自身が運営している接骨院・整骨院の立地や開業年数と照らし合わせ、ぜひ今後の運営にお役立てください。

【質問】売上の中で最も多くの割合をしめるのはどんな患者さんですか?

売上の中で最も多くの割合をしめるのはどんな患者さんですか?

    • 1位:既存の患者 56%
    • 2位:既存患者の紹介で来た人 22%
    • 3位:完全に新規の人 15%
    • 4位:病院などの紹介で来た人 5%
    • 5位:その他 2%

第1位:既存の患者

オフィスビルの近くにあるので、日々デスクワークで各部が凝り固まっている方々が安定的に来てくれる。

[神奈川県/35歳女性]

とにかく信頼してくれる常連のお客様をいかに増やせるかが勝負です。

[東京都/55歳男性]

感覚的には常連さんで半分くらい埋まっている印象がある。特に高齢者は日々の習慣の中に組み込んで頂いている。

[大阪府/28歳男性]

売上の過半数を占めるのは、やはり既存の患者さんでした。オフィスビルの近くであればサラリーマンやOLさん、地元密着地域であれば高齢者の方など、いかにニーズを掴むことができるかが売上の鍵となっているようです。

第2位:既存患者の紹介で来た人

既存のお客様を大切にすることで、口コミで評判が広がり新たなお客様がやってきます。

[岐阜県/43歳女性]

田舎で開業しているため、口コミで来られる方が多いです。

[岡山県/40歳男性]

既存の患者さんの紹介で来てくださった方は、良い印象をもって来てくださるので長く通われる方が多いです。

[千葉県/42歳女性]

職場や近所に同じ悩みを抱えている人がいた場合、自分の通っている接骨院や整骨院をおすすめする方が多いことが分かります。目の前の既存患者さんを大切にすることが、次の患者さんを招くきっかけになると言えるでしょう。

第3位:完全に新規の人

広告を出すと新規の方がたくさん見えるので、定期的に広告をうってます。

[愛知県/43歳女性]

ウチは自由診療の按摩をメインに取り組んでいますので、広告のお陰か新規の患者さんがいらっしゃいますね。

[奈良県/41歳男性]

開業して間もないので、まだ新規のお客さんが中心です。

[高知県/30歳男性]

広告の効果で新規の患者さんを獲得しているという声が多く見られます。既存の患者さん以外のニーズを取り込みたい場合は、広告の出稿を検討するのも良いでしょう。新規の人が、そのまま常連患者さんとなる可能性もあります。

まとめ

売上を占める順番が「既存の患者さん」「既存患者の紹介で来た人」「新規の人」であったことは、ほぼ想定内だったという方も多いのではないでしょうか。開業したばかりの方や今まで勤めていた場所とは違う地域で開業した方などは、新規の人の割合が多い傾向がありますが、ひとつの地域で運営し続けるにつれ、既存の患者さんが増えるのは自然な流れと言えます。

また、既存の患者さんの紹介によって新たな患者さんが来ていることを考えると、1位と2位を足した78%、つまり約8割は既存患者さんと何らかの関係がある方という結果になっています。

接骨院・整骨院の場合は、リハビリ等に長く時間がかかることもあるため、信頼関係を築くことが重要です。しかし、それは裏を返せば「信頼できる接骨院・整骨院だと感じてもらえれば末長く通い続けてくれる」ということでもあります。

今回のアンケート結果からは、新規開業時や新しいニーズを開拓したい場合は積極的に広告を出稿し、軌道に乗ってきたら既存の患者さんからの口コミによって売り上げを安定させる、といったプランを読み解くことができました。

今後増やしたい患者さんの層がある方は、この結果を参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

怪我をした運動部の生徒には、身体のケア&心のケアが必要

怪我をした運動部の生徒には、身体のケア&心のケアが必要

【経営者が語る!】接骨院・整骨院を運営していく上での苦労とは?

【経営者が語る!】接骨院・整骨院を運営していく上での苦労とは?

介護施設の満足度を決めているポイントはなんですか?

介護施設の満足度を決めているポイントはなんですか?

たまに現れる困った患者さん…どのように対応するのが正解?

たまに現れる困った患者さん…どのように対応するのが正解?

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ