>  > 介護施設の中途採用は苦労が多い…人不足を打開する求人のコツ

介護施設の中途採用は苦労が多い…人不足を打開する求人のコツ

介護施設の中途採用は苦労が多い…人不足を打開する求人のコツ

慢性的な人員不足と言われ続けている介護業界。そのため、スタッフ一人ひとりへの負担が増え、激務な毎日に耐えかねてスタッフが辞めていく…という悪循環に陥っている施設も少なくありません。そうした人手不足に悩む介護業界の事態を打開するためにも、求人には一工夫が必要です。中途採用をスムーズに採用するためにも、求人のコツについて把握しておきましょう。

ほとんどの介護施設が常に人員不足

現在、日本には数多くの介護施設が存在していますが、そのほとんどが人員不足に陥っていると言われています。しかし、それでも介護施設への入居者や依頼者は増加する一方で、それに比例して従業員の一人当たりの業務量や責任が重くなる傾向にあるのです。

高齢社会と言われる現代において、介護施設は重要な存在であるものの、人員が不足していることから、倒産へと追い込まれるケースも少なくありません。

こうした状況を回避するためにも、いかに中途採用を確保できるかが重要となっているわけです。

採用を妨げる「業界イメージ」

「求人を出しているのに問い合わせが来ない…」という悩みを抱える介護業界の担当者は非常に多く存在します。これには、やはり「業界のイメージ」が影響していると考えられるでしょう。

介護業界といえば「辛い」「大変」「収入が低い」「忙しい」など、激務薄給なイメージが蔓延しています。実際、仕事量は多く、責任も重い仕事でありながら月収は20万円以下という求人も数多く掲載されているのが実情です。

そのため、他の業界と比較すると「割に合わない」と感じる求職者も少なくないでしょう。とは言え、仕事内容を大幅に変更したり、給与面を見直したりすることは難しいと思います。そのため、まずは次で紹介する「介護業界の求人のコツ」を参考にしてみてください。

他の介護施設には無い「ウチだけの強み」を探す!

介護施設の業務内容は、基本的にはどこの介護施設と比較しても大差ありません。そのため、一般的な求人のように「業務内容」をアピールしたところで、問い合わせが増えるとは限りません。そこで、おすすめしたいのが「強み」をアピールすることです。

まずは、他の介護施設にはない強みを探し、求人を掲載する際に大々的にアピールしましょう。例としては、以下のようなものが挙げられます。

    • ・相談できる環境が整っている(先輩や上司に相談しやすい)
    • ・未経験でも始められる講習が充実している
    • ・休日が年間120日以上
    • ・雇用形態の幅広さ
    • ・施設がキレイ
    • ・社内イベントが豊富

上記のような強みを挙げ、「話を聞いてみたい」「ここなら働けそう」と求職者に感じてもらうことが、人手不足を打開するためのコツです。

そのため、事細かく丁寧に業務内容や福利厚生などを記載するよりも、強みを大々的に記載した方が、実際に求人を見た人からの反応を得やすくなります。

慢性的な人手不足により、多くの介護業界は従業員の負担増加や倒産などに追い込まれています。しかし、求人を掲載する際に「強み」をアピールすることで、今までにはない反応を得られるかもしれません。まずは、強みを探すことから始めてみましょう。

関連記事

介護福祉施設への出張サービスを行う際の保険の扱いには要注意!

介護福祉施設への出張サービスを行う際の保険の扱いには要注意!

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

放課後等デイサービスの報酬について

放課後等デイサービスの報酬について

デイサービス集客のカギは営業にあり

デイサービス集客のカギは営業にあり

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ