>  > 介護福祉施設への出張サービスを行う際の保険の扱いには要注意!

介護福祉施設への出張サービスを行う際の保険の扱いには要注意!

介護福祉施設への出張サービスを行う際の保険の扱いには要注意!

現在、慢性的な人手不足で常にサービスの供給が不足がちな介護業界。そんな業界に参入したいと考えている方は少なくないでしょう。特に介護福祉施設への「出張サービス」はとても人気があるため、既に参入している方も多いでしょう。

しかし、こうした出張サービスを提供するにあたり、いくつかの注意点がありますので事前によく把握しておくことをおすすめします。


便利な出張サービスは人気がある

冒頭でもお伝えした通り、介護福祉施設への出張サービスは、利用者や施設にとっても大変便利なサービスです。そのため、人気が高い傾向にあり、全国的にサービスを導入している、または検討している施設が多い状況です。
また、出張サービスの提供者にとっても特別な資格などを必要としないというメリットもあり、提供がしやすいサービスと言えるでしょう。


保険を適用できるのは「医療行為」

出張サービスの提供者が注意しなければいけないことがあります。それが「保険」についてです。介護福祉施設への出張サービスで、保険の扱いを間違えてしまうと、思わぬトラブルに発展してしまうため、慎重に対応する必要があります。

特に注意点として挙げられるのが、「保険の適用」です。保険が適用できるのは、医療行為のみとなりますので、サービス内容によっては保険が適用されません。
保険は仕組みが複雑な部分もあり、よく理解できない点も多く、取り扱いを間違えてしまう場合もあるでしょう。サービスの提供前に「保険の適用」の範囲については、よく把握しておくことをおすすめします。


細かいルールを確認しなかったことで脱税しちゃってるかも

介護福祉施設への出張サービスには、ルールが細かく設けられており、事前に確認しておく必要があります。場合によっては、自分でも知らないうちに脱税行為を行っている可能性があるため、注意しなくてはなりません。
特に、保険の扱いに関する項目は、細かくチェックしてルールを把握しておきましょう。

既に介護福祉施設への出張サービスを提供している方でも、細かいルールについてよく把握していないことが少なくありません。
ルールを確認しなかったがために出張サービスが、途中で提供ができなくなってしまっては、利用者はもとより施設に対しても大きな大きな迷惑をかけてしまうことになります。

これを機にもう一度、保険について見なおしてみるとよいでしょう。知らず知らずのうちに脱税をしていた…なんてことにならないよう気を付けましょう。

関連記事

介護施設の中途採用は苦労が多い…人不足を打開する求人のコツ

介護施設の中途採用は苦労が多い…人不足を打開する求人のコツ

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。