>  > 顧客管理を効率化するために取れる工夫

顧客管理を効率化するために取れる工夫

顧客管理を効率化するために取れる工夫

「もう紙で顧客情報を管理するのは面倒臭い…」
「できる限り顧客管理を効率化して、もっと楽をしたい…」

そんな悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。今回は、より顧客管理を効率化するための方法をご紹介していきます。「今までは顧客管理を効率よくできていなかった…」という方はぜひ参考にしてください。


ファイリングを習慣化する

紙で顧客管理を行っている場合は、必ずファイリングを習慣化するようにしましょう。ファイリングしておかなければ、必要なときに必要な顧客情報を素早く閲覧することができなくなるからです。また、必要のない書類と一緒にしていると、誰かが勝手に処分してしまう可能性もあります。しっかりとファイリングをしておけば、水に弱い紙でも長期間保存できますので、ぜひファイリングの習慣化を心がけてみてください。

顧客情報は、会社にとって最も重要な「資産」と言っても過言ではありません。いつでも素早く閲覧できるように、分かりやすくファイリングしておくことを強くおすすめします。


クラウドを使ってみる

ファイリングの習慣化も非常に大切ですが、それ以上に効率化を図れるのは「クラウド」の利用です。紙で顧客情報を管理していると、どうしても紛失のリスクが付きまといますが、クラウドサービスを利用すればいつでも気軽に顧客情報を閲覧することができます。

紙での顧客管理とは違い、クラウドサービスは、検索をするだけで必要な顧客情報を呼び出すことができるため、非常に便利なのです。また、データの入力だけでなく、データの編集も手軽に行えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

そして、近年はセキュリティ面も強化されつつあるため、顧客情報が盗まれるリスクも低くなってきています。そのため、紙での顧客管理に不安を感じている人にはとくにおすすめです。


ソフトを買ってみる

クラウドは「ネット上で顧客情報を管理する」というイメージに近いものですが、パソコン内に直接インストールする「ソフト」で顧客管理を行うのも1つの手です。代表的なソフトとしては「Excel」があります。ただし、Excelは顧客管理のために開発されたソフトではありませんので、クラウドよりも多少手間がかかります。

そのため、「開業したばかりで顧客数が少ない場合」や、「できるだけ顧客管理にお金をかけたくない場合」などはExcelなどのソフトで顧客管理を行うとよいでしょう。しかし、ある程度顧客数が増えてきた場合は、より効率よく顧客管理を行うことができる「クラウド」のご利用をおすすめします。

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。