>  > スポーツトレーナーとして柔道整復師資格を活かすには?

スポーツトレーナーとして柔道整復師資格を活かすには?

スポーツトレーナーとして柔道整復師資格を活かすには?

柔道整復師資格を持っていてスポーツにたずさわる仕事がしたいと考えた場合、スポーツトレーナーになるという道があります。柔道整復師資格とスポーツトレーナーの関係について知っておきましょう。

 

 

スポーツトレーナーになるには資格が必要?

「スポーツトレーナー」は資格として存在しているわけではありません。「アスレティックトレーナー(AT)」という民間の資格はあるものの、この資格を所得してもプロのトレーナーになる方はごくわずかです。反対に言えば、何か特別な資格の取得が、スポーツトレーナーになる条件ではないということになります。

しかし、日本の法律では「人体に医療行為を施すためには、医療系の国家資格が必要」と定められています。さらに、国内のほぼ全てのスポーツトレーナーは鍼灸師、柔道整復師など国家資格の有資格者です。スポーツトレーナーになるためには、事実上国家資格が必要と言えるでしょう。

 

 

公募はほとんど無いのが現状

スポーツトレーナーは、一般の仕事のように求人広告が出されることはほとんどありません。インターネットの求人サイトや雑誌に掲載されることはごくまれです。念のため各媒体に目を通しておいてもいいかもしれませんが、求人広告が見つかることは期待できないでしょう。

スポーツトレーナーとして就職する主な経路には、「知人の紹介」「インターンシップ」「トレーナー派遣会社への登録」が挙げられます。医療系の国家資格を取得するだけではなく、人脈の拡大やインターンシップで就職のチャンスを増やすのが賢明です。既に資格を持っているのであれば、ひとまずトレーナー派遣会社に派遣先を紹介してもらうのがいいかもしれません。

 

 

柔道整復師は非常に有利な国家資格

先述したとおり、事実上スポーツトレーナーになるためには国家資格が必要です。そして、国家資格の中でも柔道整復師は、スポーツトレーナーになるうえで非常に有利な資格だと考えられています。

アスリートが頻繁に経験することになる骨折や脱臼に対して処置を行えるのが、柔道整復師の大きなアドバンテージです。柔道整復師の資格所持者がスポーツトレーナーとして経験を積み、オリンピック選手に帯同した例もあります。ケガに対して適切な処置をしてくれる柔道整復師資格所持者のスポーツトレーナーがいることは、アスリートにとっても大きな精神的支えとなるでしょう。

 

柔道整復師資格取得からスポーツトレーナーになるための道のりや、柔道整復師の優位性がおわかりいただけたかと思います。スポーツ選手をフィジカル面からサポートしたいとお考えの方は、是非スポーツトレーナーとしての道を検討してみてください。

関連記事

柔道整復師資格を活かせる職場・職業

柔道整復師資格を活かせる職場・職業

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。