>  > 介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

柔道整復師の資格を持っていれば柔整復の施術所で勤務可能になるのはもちろん、介護福祉業界に進出することができます。介護福祉業界と柔道整復師資格の親和性について知っておきましょう。

 

 

柔道整復師は「機能訓練指導員」として働ける

介護福祉業界には「機能訓練指導員」という職種が存在します。ケガが病気で日常生活が困難になってきた人を、リハビリや機能訓練によってサポートするのが機能訓練指導員の仕事です。非常にニーズが高い仕事ですが、誰もが希望してなれるわけではありません。

機能訓練指導員になれるのは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、あんまマッサージ師、看護師、准看護師、そして柔道整復師の資格所有者だけです。つまり、柔道整復師資格は、機能訓練指導員として働ける限られた資格のうちのひとつということになります。この事実だけでも、柔道整復師資格と機能訓練指導員は親和性が高いと言えます。

 

 

機能訓練指導員は必ず1人居なければならない

介護現場における機能訓練指導員の高いニーズについては先述しました。実際には、単にニーズが高いというだけではなく、「特別養護老人ホームやデイサービスセンターには、必ず一名以上の機能訓練指導員を配置しなければならない」というルールがあります。つまり、少なくとも上述した施設の数だけ機能訓練指導員が必要なのです。

現在では、従来の老人ホーム、デイサービスに加え、機能訓練に特化した施設が増えています。さらに機能訓練指導員になるために資格が必要なことからも、求人は常に多い状態です。選択肢が豊富なうえ、それぞれの施設がさまざまな条件で求人を行っていますので、有資格者はライフスタイルに合わせて仕事を選べます。

 

 

実務経験を積んでケアマネまでの道もある!

介護業界でも、ケアマネージャーはとりわけ重要な役割を担う職種です。『介護支援専門員実務研修受講試験』に合格すれば、ケアマネージャーしての活躍が可能となります。「保健、福祉、医療分野での国家資格取得」と「介護施設での5年以上、900日の実務経験」が受験の条件です。

柔道整復師資格は「保険、福祉、医療分野での国家資格」に含まれます。「柔道整復師資格の取得から機能訓練指導員として5年以上勤務。その後、介護支援専門員実務研修受講試験に合格」というプロセスは、ケアマネージャーになるための一つのルートです。実際に、柔道整復師から機能訓練指導員として実務経験を積み、ケアマネージャーに転職する方は少なくありません。

 

柔道整復師の資格を取得するのであれば、資格の可能性についても把握しておくべきです。柔道整復師資格で、介護福祉業界にも参入できることは覚えておいて損はありません。

関連記事

介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

介護業界で活躍する柔道整復師「機能訓練指導員」の実情とキャリア

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

高齢化社会における整骨院の役割とは?介護に貢献する柔道整復術

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

平成30年に介護保険制度はどう変わる?改正のポイントを押さえよう

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。