>  > 意外と知らないコンビニ跡地の物件そのメリットとは?

意外と知らないコンビニ跡地の物件そのメリットとは?

意外と知らないコンビニ跡地の物件そのメリットとは?

柔整開業.com開業コンサルタントの三浦です。
今回は整骨院の開業を検討、または他店舗で展開していくことを検討されている方向けに、意外と知られていないコンビニ跡地の物件のメリットをご紹介していこうと思います。

 

 

居抜き物件を使うことのメリット・デメリット

コンビニ跡地の物件のメリットをご紹介する前に、まずは改めて居抜き物件のメリット・デメリットのおさらいですが、居抜きを使う一番のメリットはやはりコストが抑えられる点でしょう。一から整骨院を作っていくとなると内装設備・内装工事費も馬鹿になりません。その費用が抑えられるのは非常に魅力的ですよね。
また、工事期間の長さにより店舗を運営していないにも関わらず家賃だけ発生する期間を最小限に抑えられるのも魅力のひとつでしょう。

前テナントのオーナーもスケルトンで引き渡すよりも、退去時の工事費用等を抑えられるので、最近では居抜きで借りてもらうことを希望している前オーナーさんも多いです。そのため、一昔前と比べ居抜き物件の情報を見つけやすくなったのもメリットのひとつでしょうか。

メリットしかないような居抜き物件ですが、当然デメリットもあります。一番のデメリットは、内装の自由度が低いということではないでしょうか。整骨院での内装・レイアウトはイメージを作る上でも非常に重要なものです。そのため前の店舗についている設備や物件自体のレイアウトによって、自分のイメージどおり開業できないというケースも多々あります。居抜き物件には、このような制約がかかってきてしまう場合も多いため、事前に計画を持ってしっかりと内見することが必要不可欠になってきます。

 

コンビニ跡地の物件で整骨院を開業することのメリットとは?

ではコンビニ跡地の物件のメリットについてです。上で書かせていただいたメリットはもちろんですが、郊外型であれば、大きな駐車場の確保が確実に出来るということが独自のメリットとして挙げられます。郊外型のコンビニでは十中八九大きな駐車場がありますので、駐車場をわざわざ別な所で借りる手間や費用が省けるというのは非常にありがたいですよね。

もうひとつのメリットとして、店舗面積が広いので+αで出店が出来るという点が挙げられます。最近、整骨院でもそれ単体ではなく、介護事業所やパーソナルジム等を併設して出店しているところが増えています。
当然それにはそれ相応の面積が必要となってきますが、コンビニ跡地の物件であれば+αで出店したとしても問題ないくらいの面積が確保できるケースが多いです。
広すぎで余計な内装工事費がかかるというケースももちろんありますが、空調等が完備された事務所仕様で入居できるケースも少なくないので、広さを確保しつつ最低限の手直しで入居することも充分可能です。

このコンビニ跡地物件のメリット、整骨院業界以外でも意外と知られていないようで、次の借主が決まっていないというオーナーさんは非常に多くいらっしゃいます。

今後開業や多店舗での展開をお考えの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

柔整開業.comでも非公開物件情報として提供しておりますので、ご興味のある方は是非下記問い合わせフォームからお問合せください。

 

>>居抜き物件のお問い合わせはコチラから<<

関連記事

【PR】開業.comから居抜き物件のご紹介

【PR】開業.comから居抜き物件のご紹介

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。