>  > ケアマネ有資格者は引く手数多!ケアマネージャーになるまでの流れ

ケアマネ有資格者は引く手数多!ケアマネージャーになるまでの流れ

ケアマネ有資格者は引く手数多!ケアマネージャーになるまでの流れ

ケアマネージャーは、正式名称を「介護支援専門員」と言い2000年に介護保険制度が導入された時に誕生した資格です。


昨今、高齢者の増加により介護系の資格の需要は高まっていますが、中でも特に注目されているのがケアマネージャーです。

 

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、要介護者が本人で自立するためのサポートをして、その人の暮らしを保護・尊重するお仕事です。


仕事内容は、要介護者やご家族の方とのヒアリングの上で、ケアプランの作成をします。また、それに伴って、必要になる関係機関への連絡や調整を行います。


仕事を通じて、要介護者と適切なサービスをマッチングさせる懸け橋のような存在です。

 

ケアマネの資格を取得するまでの流れ

それでは、実際にどのような過程を経て、ケアマネージャーになるのでしょうか?


ケアマネージャーとして働くには、「介護支援専門員実務研修受講試験」を受ける必要があります。

 

受験資格は、下記のようになります。

 

■医師、歯科医師、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、などの資格を持ち実務経験が5年以上ある人

■生活相談員、支援相談員、相談支援専門員などとして実務経験が5年以上ある人

■特別養護老人ホームや在宅介護サービス業などで5年~10年の経験がある人(これは平成29年度の試験まで適用)

 

試験はマークシート方式による筆記試験で、毎年1回行われます。


合格者は実務研修を終え、各都道府県の介護支援専門員名簿に登録し、介護支援専門員生証が交付されます。

 

なぜ引く手数多なのか?

なぜ、ケアマネージャーはこんなにも人気なのでしょうか?


日本では、急速に高齢者が増えそれと並行して介護保険制度を充実させることが重要だといわれています。


しかし、介護の必要性が叫ばれる中、介護に関する制度や介護保険について、利用者やその家族にまでなかなか浸透していないのが現状です。


実際に、介護保険を使ってどのようなことができるのかわからない、自分に合ったサービスが何かわからないという人が大変多いのです。

 

その人にとって、一番適したサービスは何か、そのために利用できる介護制度は何かを紹介するのがケアマネージャーの仕事です。


現在介護施設で働いている、介護福祉士や、医療系、介護系の資格を持っている人が更なるスキルアップを目指し取得するケースも多くなっています。


これからも、加速していくであろう高齢化社会に向けて、「将来性」のある資格として今後も人気は高まっていくことでしょう。

関連記事

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護福祉業界と柔道整復師資格はなぜ親和性が高いのか

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

介護職のマイナスイメージを打ち消す求人の出し方

放課後等デイサービスを知ろう!

放課後等デイサービスを知ろう!

整骨院跡地で開業したデイサービス

整骨院跡地で開業したデイサービス

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ