>  > 開業に向けた手続きは大変…そんなとき手伝ってくれる専門家

開業に向けた手続きは大変…そんなとき手伝ってくれる専門家

開業に向けた手続きは大変…そんなとき手伝ってくれる専門家

お店をオープンする場合、そのための準備はさまざまなものがあり、一人ではなかなか進みません。

 

このような場合には、それぞれの専門家に依頼して手伝ってもらうとスムーズに進むでしょう。開業までにすること、依頼方法などをみていきましょう。

 

開業までにしなければならないことはたくさんある

個人事業主として開業する場合、業種によっては役所や行政官庁の許認可が必要になる場合があります。


この手続きをしないと事業をスタートできませんので、覚えておきましょう。また、営業許可が下りないと融資を受けられないケースもあります。許認可に関わる手続きは、行政書士に代行委託することもできますので、相談してみましょう。


また、個人事業主が店舗を開設する際には屋号も必要になります。


フリーランスなどでは屋号を付けていない人もいますが、屋号があった方が後々有利になるケースがあるため、付けておくことをおすすめします。


法人として起業する人は必ず屋号を登記する必要がありますので、覚えやすくて印象に残るもの、事業内容がわかりやすいものなどを考えておきましょう。


さらに商品の仕入れルートを開拓し、商品を仕入れたら、マージン率を参考にしながら売値を考えなくてはいけません。売値があまりに高いと商品は売れませんし、低すぎると利益が出ません。

最後にオープンの日時が決まったら近所の方や、お世話になった方に対して開業の挨拶状を出しましょう。

 

アウトソーシングで負担を軽減!

上記は開業のための準備のほんの一例で、実際には室内外の改装、看板の設置、求人広告を出して従業員の確保、固定支出費の概算、銀行への融資の手続きなど、さまざまなものがあります。


これらすべてを経営者一人ですることは、時間的にも体力的にも無理があるでしょう。


そこで、これらの仕事を外部の人材に依頼し経営者の負担を少しでも軽減するようにしましょう。


特に会社設立で最も重要になるのが、会社の定款作成です。定款は内容をよく理解して作成しないと、後々不都合が生じたり、トラブルになったりするケースがあります。


定款の作成を専門家に依頼することで、自身の会社規模に応じたオリジナリティある定款を作成してもらえ、経営者は安心と確実性を得ることができます。

 

依頼までの流れ

これらの仕事を専門家に依頼するには、会社設立サポートや、会社起業支援などの開業準備を総合的に支援してくれる企業に問い合わせをしてみましょう。


個々のホームページや、問い合わせ先から連絡をして開業準備について相談をします。後日担当者から連絡があるので、経営者の具体的な希望などを伝えて数社から見積もりを取ります。


金額だけでなく、依頼内容や質などをしっかりと確認しながら、無理せず開業準備を進めていきましょう。

関連記事

新規オープンはじめの一歩!開設する場所・土地の賢い選び方

新規オープンはじめの一歩!開設する場所・土地の賢い選び方

開業準備が整ったら「プレオープン」で体験会を実施しよう

開業準備が整ったら「プレオープン」で体験会を実施しよう

【PR】複合商業施設のメリットと物件情報

【PR】複合商業施設のメリットと物件情報

開院する際にチェックすべきポイント【外装編】

開院する際にチェックすべきポイント【外装編】

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ