>  > ノロウイルスが流行っている!!整骨院でも要注意!!

ノロウイルスが流行っている!!整骨院でも要注意!!

ノロウイルスが流行っている!!整骨院でも要注意!!

冬になるとインフルエンザと一緒にニュースなどで聞くことが多いのは感染性胃腸炎です。

国立感染症研究所によると「感染性胃腸炎という診断名は多種多様の原因によるものを包含する症候群であり、ウイルスや細菌による感染性胃腸炎を一括したものである」と書かれています。

 

感染性胃腸炎は感染症に含まれており、人の体に入ると、定着して増殖し感染します。

ノロウイルスは感染性胃腸炎の中でも、特に感染が広まりやすいものです。

 

それでは、どういった経路で感染が広がり、どういった対処法が必要なのでしょうか。

 

注意したい感染経路

感染源から病原体が体に侵入すると感染が起こります。感染経路の遮断は重要な対策といえるでしょう。

感染経路で注意すべきは、接触感染(経口感染)・飛沫感染・空気感染です。

マスク、手洗いが重要なのがよくわかります。

 

また、ノロウイルスでは牡蠣や二枚貝から感染するというのはご存知だと思いますが、新鮮かどうかということで判断はできません。

生活用水の中にウイルスが混ざっていた場合は、牡蠣や二枚貝は、餌と一緒にウイルスを飲み込んでしまうからです。

 

整骨院でも対応に気をつけたいノロウイルス

潜伏期間や症状

潜伏期間は、18時間から48時間です。症状がなくても周囲に感染させる可能性はあります。

個人差がありますが、激しい嘔吐、下痢、腹痛、発熱の症状があります。2日から3日症状が続き、自然に回復していきます。

 

注意しなくてはいけない点は、回復後もウイルスの排出が続いているということです。

症状がでなくなると安心して外に出歩く人もいますが、この期間に整骨院に来院し、感染が拡大してしまう可能性も考えられます。

 

感染者が出たときは

整骨院内で感染者が出てしまった場合は、接触感染や飛沫感染防止のため、使い捨てのマスク、手袋、エプロンなどを着用し、感染者の周辺、触った物を塩素系消毒液で消毒します。

忘れがちなのが、トイレの便座やドアノブなどです。ウイルスは乾燥すると空気中で漂いますので、嘔吐物などは乾燥させない事が重要なのです。冬は便座も温かく、ウイルスはすぐに空気中に漂います。

 

嘔吐物などは、そのまま拭き取らず、感染場所を広げないようにペーパータオルをかぶせ、その上から塩素系漂白剤を浸るように注いでから拭き取ります。

 

改めて、感染性胃腸炎について正しい知識、正しい対処法を学ぶ事が感染を防ぐ一歩となるのでは無いでしょうか。

職場でも一人ひとりの注意で防げる事だと思います。自由に使えるマスクを職場に置いておくのもいいと思います。

関連記事

法人カードの特徴と個人事業主が法人カードを持つべき理由とは?

法人カードの特徴と個人事業主が法人カードを持つべき理由とは?

リラクゼーションにもおすすめ!育てやすい観葉植物まとめ

リラクゼーションにもおすすめ!育てやすい観葉植物まとめ

【経営者向けビジネス書】物販の売り上げを伸ばすために読んで欲しい本

【経営者向けビジネス書】物販の売り上げを伸ばすために読んで欲しい本

接骨院のロゴはどう作る?サイト制作と一緒に頼んでお得に作成しよう!

接骨院のロゴはどう作る?サイト制作と一緒に頼んでお得に作成しよう!

柔道整復師の無料メルマガ

「柔整業界の最新情報」や「整骨院経営者の方へのお役立ち情報」を配信していきます。



おすすめ